日本語詐欺的電算機安全道具?

タイトルにちょっと?かなりの無理がある(笑)

日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」INTERNET Watchより

Drive Cleanerは、システムをスキャンしているように装うアニメーションと、偽のスキャン結果を表示することで、トライアル版のインストールを強要する。トライアル版をインストールしたユーザーに対しては、システムが危険であるかのようなスキャン結果を表示し、正規版の購入を促す。

日本語のインターフェイスを持つ詐欺的なソフトウェアとしては、最近では「SystemDoctor 2006」が出回っており、ウェブルート・ソフトウェアが9月に警告していた。

いろんな種類のものが出回ってきた。

結局、共通している部分は、

1.善意な感じから手をさしのべ、

2.危ないと脅かし、

3.買え!

って感じだ。

マッチポンプ式、ビジネスモデルがまさにこれ!

セキュリティソフトの押し売り注意!

心理的弱点を狙って押してくる!これって?詐欺かな?と思ってしまう。しかし、クリックする画面の何処かに、とても小さく何か書いてある。インストールに関する責任…

こんな感じで、心理的弱点を狙う。

わからないから仕方ないのだが、そこを狙ってくるとこが、嫌らしい。

不自然な日本語が目立つこのキャプチャー図は、何とも言い難いが、このマンガの人を見ると、どうも**の人っぽく思うのは、私だけだろうか?

不自然な日本語は、ネットの翻訳を使った時のような感じだ。

どれだけそれっぽくしても、日本語がおかしくても・・・

私の気になる1カ所は、ただ1つ。

このマンガの人は、どこの人だろう?

やっぱ、描く人に近くなるのだろうか?

よく人形なんかを作ると、作った人に似るらしい。

勝手な思いこみの1つでしかない話。でも気になっちゃうのだ(笑)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。