「グーグルチューブはメディア企業から訴えられるのか」–著作権侵害をめぐる訴訟の可能性をさぐる:CNET Japanより

ついに来たって感じである。見たかったあの番組やあのシーンが、見れちゃうのだからたまらない。

百聞は一見にしかずで、どれほど言葉で聞いたり、文章読んでもわからない、伝わらないものが、映像では、この点を克服している。

実際にワイドショーなどの部分切り取り映像を何度も見ているが、著作権者のテレビ局などは、たまらないだろう。

日経ビジネスの09/25号に書いてあったのは、なんとYouTubeに消費されるインターネット回線のトラフィックが、

日米間を繋ぐ回線の1/6を使ってるらしい

これは相当大きい数字だ。

確かにデータ自体が動画でもあり、そもそもデータ量が大きいが、日米間の回線が現在どれくらいあるのだろうか?おそらく2桁ギガ?3桁ギガ?正確な数字は専門家の方、コメント下さい。

で、JASRACやテレビ局などが共同でYouTubeに削除要請、約3万ファイルを削除INTERNET Watchより

こんな記事もある。

脱法行為は、もちろんイケナイこと。著作権を侵害してはならない。これ当たり前。

ここで私が勝手に思う疑問として、

YouTubeの醍醐味って何だったのか?

って事。YouTubeそのものが、YouTubeでなくなる?

しかし、これは本来の姿のはず。一時期のオークションに違法出品が多くなったのと変わらないだろう。実際に監視は強化されているようだが、なくならない。

なくなりようがない。ここでもイタチごっこ。

確かに素人の映像も面白い。

テレビやビデオなど著作あるもの。だからこそ見る人が多かったのでは?

デジタルメディアの怖いところは、消しても、消してもまた出現してくるところ。

YouTubeでなくとも、WinnyのようなP2Pソフトでも流通しているのだ。

P2Pソフトより簡単なのは、専用のソフトが必要なく、ブラウザだけで見れること。

これはとても大きなこと。

著作の問題もそうだが、最もヤバイと思われる事は、

放送禁止になったものや、廃盤になったもの、二度と公式には出てこないもの

等の、意味があってそうなったものが、復活してしまうこと。

アニメなんかでも、幻の○○話。などの1回は表に出たが、何らかの理由により消えてしまったものだ。

インターネットがない頃は、ビデオなどにコピーして、一部のマニアだけが持っていた秘蔵モノだった。流通もなかったので、知り合いや小さなコミュニティで動いていた。

インターネットがもたらした、流通革命と同じ事が、コンテンツやソフトウェアにまで影響している。著作のないものや、プロモーション活動の一環で行われているモノであれば、どんどん流通してもらった方が良い。

そうでないモノもあるのだ。

ビデオデッキの普及時に、コンテンツであるテープ、**ビデオなどから普及したのは有名な話。

P2Pソフトも、本来の目的とは違った使い方されている。

映像が簡単に見れる、今回のような場合はどうなるのか?

パソコンのモニターで見ることが出来るのであれば、どんな方法であれコピーは可能って話で、これは音楽モノにも共通すること。

デジタルコピー防止があっても、ここでもイタチごっこ。

今後の健全な動きを見ていきたいところだ。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。