危ないのは“怪しいサイト”だけではない,一見“無害な”サイトにも罠ITproSecurityより

セキュリティ組織の米SANS Instituteは現地時間10月14日,ニュース・サイトに見せかけた悪質なWebサイトが確認されたとして注意を呼びかけた。Webサイトにアクセスすると,悪質なプログラム(マルウエア)をダウンロードされる恐れがある。 

 この悪質なサイトは10月12日に登録されたとされる。ニュース・サイトに間違えそうなドメイン名(URL)が付けられ,サイトの内容も,真っ当なニュース・サイトに見える。それもそのはず,そのサイトでは,実在するオーストラリアのニュース・サイトの内容をフレームでそのまま表示している。同時に,悪質なプログラムをダウンロードさせようとする攻撃者のWebページもフレームで読み込んでいる。 

 今回のように,怪しそうには見えないサイトに“罠”が仕掛けられるケースが増えている。このためSANS Instituteでは,馴染みのない(よく知らない)サイトへアクセスする際には十分注意するよう呼びかけている。・・・

数年前といっても、2000年の初め頃、官庁Web改ざんの事件が多発した。

ちょうど不正アクセス禁止法の施行直前の時期だった。セキュリティ業界には特需かぁ?なんて話題になったことを覚えている。

最近の対策動向は把握してないが、当時Web改ざんを回避するためにどうするか?って事で、改ざんは、書き換えられなければ良いのだから、CDROM等の書き換え不可能なものに書けばいい!なんて話もあったが、現実的でなかった。

ページコンテンツを更新するたびに、CDを焼かなければならないからだ。

当時、企業のトップページにおいては書き換えられた場合に、企業イメージ失墜などの話もあった。それは今でも変わらないだろう。

話題になりにくいだけで、今でも改ざんは起きている。

あの頃は、改ざんページを保存していたページもあったが、追いつけないほどの量があったのか?ページは当時のままになっている。http://www.attrition.org/mirror/attrition/

トップページを、プレイボーイの画像などに張り替えられたりした。是非見て。

しかし最も影響が大きく一番ヤバイ改ざんとは、ニュースサイトや政府の公式コメントなど、企業の場合は業績報告やこれも公式なコメントなどだ。

わかりやすいトップページなどは、イタズラ?でも済まない問題だが、書き換えられたことがわかりやすい分、まだいいかもしれない。

自分でもエクセルなどの数値を間違えて入力したら、そんなの覚えてない程に記憶なんかしてない。

同じようなことで、一部だけでも書き換えられた場合はわからない。しかし現在では、技術的方法により、なんらかの回避方法はある。しかし、書き換えの発見後の問題。

その見たものを疑う余地はないものだった場合、また数字やニュースなどのはじめて見るものなどは、それを信用するしか方法はなく、誰しも疑わない。

しかし、こんなところが改ざんされると、いろんな影響が飛び火し、経済損失すら招いてしまう。株価に影響しそうなものだったら真夜中に改ざんされ、その報告や告知がマーケットが開く前に出来るだろうか?

最近では、改ざんされたページからウィルスなどを押し込んでくるものが多い。これも時代が変わったのだろう。

流れを見ていると、ニュース記事の改ざんなんかは、トップページが大々的に変われば気づくが、ニュース内容の一部の数値や名称、国名、などだったら・・・

とんでもない問題にまで発展しかねない。

これは改ざんに限った事ではなく、どの情報についても同様の事が言える。

複数の情報を見て比較する

これは改ざんの回避だけでなく、通常の情報収集でも言えること。

1つの情報だけが、本当に正しいかどうか?誰にもわからないからだ。

自分がその情報を読み込んでいる立場と、まったく対極になる逆の見方である、情報を客観的に見ることをするだけで、新しい発見と、間違った情報をマージできる。

しつこいようだが、改ざんに限ったことではない。

検索エンジンでTOPに表示される情報が、必ずしも正しいものか?わからないのである。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。