「パソコンのご注文ありがとうございました」—偽の確認メールに注意ITproSecurityより

フィンランドF-Secureは現地時間10月13日,悪質なプログラムが添付された偽の注文確認メールが出回っているとして注意を呼びかけた。注文の確認書に見せかけた添付ファイルを開くと,別の悪質なプログラムが勝手にダウンロードおよびインストールされてしまう。

メールには,2482ドルのソニーVAIOの注文を受け付けたとする内容が英語で記述されている。そして,詳細については添付された「order_37679041.exe」を開いて確認してほしいとしている。拡張子が「exe」から分かるように,このファイルは実行形式の悪質なプログラム。F-Secureのセキュリティ・ソフトでは「W32/Small.DXC」として検出されるという。

Small.DXCは,実行されるとインターネットから別の悪質なプログラムをダウンロードして実行する,いわゆる「ダウンローダ」と呼ばれるプログラムの一種。メールの内容にだまされてorder_37679041.exeを開くと,攻撃者の意図したスパイウエアなどを仕込まれてしまう

オンライン・ショップの確認メールに見せかけた偽メールは,以前から出現している(関連記事:「ご注文のiPodを発送しました」,トロイの木馬を添付した偽メールに注意)。覚えのないメールに添付されたファイルは,ファイルの種類にかかわらず,決して開かないようにしたい。

これと同様なものに、おめでとうございます。当たりました!ってなものもある。

あれ?何だろう?って思っている間に、クリックしてしまう。

この手のものは、以前からあり、ちょっと注意深い人だとクリックしない。

用心深いというか、信用しないから、クリックしないのだ。

この手の問題においては、それは良いこと。他の場合はわからない(笑)

当選おめでとう!系のものも、何に当選したのか?わからないけれど、何か良いものに当たったなぁ・・・ってなものが多い。

プラズマテレビが当選しました!送料を振り込んで下さい。のようなものは、結構ある。

通常の懸賞なんかでも、送料は自己負担だったりするので、2?3万くらいだと振り込んでしまうものだ。

なんたって、プラズマが当たっちゃったのだから・・・

振込と同時に、送り先である個人情報まで、喜んで入力してしまう。

たしか5?6年前の話だが、iMacの懸賞サイトで個人情報だけ持って行かれた事があった。これは誰も当選しなく、iMac欲しい人リストとして1万人だか2万人ほどの情報を持って行かれた。

やはり、おいしい話しはないのだ。

しかし、これはネットに限った事ではない。

よく店頭なんかで、くじ引きで携帯やスカパー!なんかが無料で当たるものがある。

最近はあまり見かけない感じがする。

99.9%位の確率で当選する。他のクジもこのくらい高確率だと嬉しいのだが・・・

勢いで、おめでとうございます!なんて言われちゃって、鐘を鳴らされちゃったりすると、一瞬嬉しくなり、おお!当たった!なんて思う。

しかし、よくよく聞くと無料は無料だが、契約期間の縛りがあったりして、本当に無料が安く付くのかわからない。

どうもインターネットが絡むと、先の当選よりも疑わないようだ。

実際に、疑わなくても当たっているケースもあるから、間違いやすいのも事実。

メール来た、当たりましたと、喜んだ:情報セキュリティ標語より

今一度、こんな場合は、疑ってみるしかないのかもしれない。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。