もしかして?自分が賢くなくなるかもしれない

Web 上から語句の定義をひっぱってきてくれる:Japan.internet.comより

情報がこれだけ多くなると「権威」というものが弱くなってくる。誰もが少しずつ賢くなっている時代なのだ。本当に正しいものは複数の情報ソースから自分が選択した情報だけなのだ

そしてこのサイトの最大の特徴は Web 上で公開されているさまざまなサイトから「これはこういう意味っぽい」という定義をひっぱってきてくれる点だ。リンクの羅列だけでなく、その意味を定義した文章を引っ張ってきてくれるので、百科事典ちっくに使うことができるというわけだ。

完全に全自動化された、フルパッケージのようなもののようだ。

googleにもある、もしかして**みたいな感じだろう。

意味を定義した文章を引っ張ってきてくれるのは、とてもありがたい。

これ調べるのに結構手間がかかったり、そもそももしかして?がわからないからだ。

しかし、もしも、これが間違えた事を教えてくれちゃった場合どうするのだろう?

パソコンのワープロをはじめて使った時の事。今でもある辞書登録をしたときの事。自分が使うだけなので便利にカスタマイズした。今でも使っているが、住所なんて打つと住所が郵便番号から出てくるように登録したり、名前なんて入れると自分の名前が全部出てくる。

当時あまりにも面白かったので、連想ゲーム(古っ!)のような辞書登録をした。

ワープロではほとんど入力しないと思われる文字まで辞書登録した。

バカとか打つと自分の嫌いな奴の名前が出たり、自分の中だけで勝手に定義されている、☆☆は◎◎みたいなものを登録し、知っているのに入力して、表示されるのが面白く思ったこともあった。(笑)

確かにワープロ辞書なのだから、それもアリなのだが、この使い方だとまるで低レベルの人工知能マシン(自分好み)でしかなかった(笑)

その前に覚えさせる訳なので、覚えさせた事は表示されて当たり前なのに、自分の定義が、イメージ(登録)されたものを打って変換される結果は、ロボットのような感じ。

調べ物はほとんどインターネットに頼っているが、その結果自体が間違っていると大変なことになるだろう。でも使う側も見る側もインターネットを使っているのだから、もしかしたら誰にもその間違いは気づかないかもしれない。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。