飲酒運転で被害、不安5割に急増=振り込め詐欺、ネット犯罪も?内閣府調査:時事ドットコムより

内閣府は17日、「治安に関する世論調査」結果を発表した。それによると、自分や身近な人が被害に遭いかねない「不安な犯罪」(複数回答)として、飲酒運転でのひき逃げなど「悪質・危険な交通法令違反」を挙げた人は、前回調査(2004年7月)に比べ19.4ポイント増の49.9%で大幅に増加。「取り締まりに力を入れてほしい犯罪」(同)でも、これが61.6%(前回比21.6ポイント増)に急増するなど、悪質な交通違反への関心が高まっていることが浮き彫りとなった。
 治安をテーマにした内閣府の調査は今回で2回目。2006年12月14日から24日にかけて全国の成人男女3000人を対象に実施し、有効回収率は59.8%。
 不安になる犯罪のトップは前回同様、「空き巣」が53.1%で、「すり、ひったくり」の50.0%が続き、「悪質・危険な交通法令違反」は3位。また、飲酒運転による事故と同様、被害が頻発している「振り込め詐欺や悪質商法などの詐欺」が41.4%(同13ポイント増)、「インターネットを利用した犯罪」が39.9%(同15.7ポイント増)とそれぞれ急増した。

 内閣府:「治安に関する世論調査」

前回3年前の調査よりも15.7ポイントも増加したようだ。

この3年間で何が増えたのだろうか?

スパイウェア・コンピュータウィルスなども原因にはあると思われるが、この数値には関係はなさそうだ。

直接人的なものが絡むものが増加している。インターネットを利用したワンクリック詐欺、オークション犯罪、フィッシング詐欺などの詐欺系の犯罪が増加したと思われる。

これはサイバー空間に限らず、現実にも起こっている問題。

それがインターネットを利用されただけのこと。インターネットが介在すると途端に難しくなるようで、巻き込まれる可能性も高くなる。

1つの要因としては、利用者は端末しか見えないことによって、巧みにだまされてしまう。端末の画面上ですべてを判断するには、難しいこともあるだろう。

もしかしたら・・・インターネットだけの特典?なんて話もなくもない。ネット限定のお店などでは、本当にここだけ!の特典もあるからだ。

敵もそこは相当ギリギリのところを突いてくる。もちろん犯罪に変わりはないのだが、少額のものだったり、とりあえず商品だけは送られてくる。違うモノだけれど。

オークションならば商品になるし、ワンクリック系ならばコンテンツになる。

しかし詐欺だけとは言い難い部分もあったりする。画面上にはもの凄い小さな文字で書かれているのだ。ちゃんと読めば問題はないし、トラブルにもならない。

この辺がギリギリの攻防戦。

犯罪に巻き込まれる不安もあるが、SPAMメールなどは業務に支障が出るほどに迷惑なものだ。ついうっかりクリックしちゃったために・・・面倒なことになることもある。

特にメール本文に、何ともクリックしたくなるような事が書かれているものなど

ついうっかりクリックしたくなる。これ誰しも体験済みのはず(笑)

すると、それ系のページに飛んでいき**しちゃのだ。

ちょっとばかり恥ずかしいことだったりすると、社会勉強代金に変わってしまう。

今後もこれらの脅威は増加し、もっと巧みになっていく事は容易に想像出来る。

じゃあどうすれば良いのだろうか?

まずは現状を知ること。知らない限り踏んでしまう。知っていても踏んでしまうこともある。知っていれば最低限の対処方法はわかるので、慌てずに済む。

慌てて連絡が来ることが多い。どうしよう!って連絡が多くなる。これは40%と同じ程度、私にも増加している。

避けられない事もあるが、まず自分でコントロール出来る部分ははじめよう!

ゼロには出来ないが、よりゼロに近くするコントロールはネット社会の自己防衛策なのだ。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。