セキュリティーもパンツ偽装で泥棒を撃退!(運がつくかも(笑)

ウ○チ偽装で泥棒を撃退! : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)より

うーん・・・って、ウ○チがついている偽装パンツだ。

ネタかと思ったが、これも立派なセキュリティ対策。

つい、コレ系のネタが好きなもので(爆)反応してしまった次第である。

上記リンクに画像付きあるので是非見て頂きたい。ちょっと画像をのせるのにためらってしまった(笑)

でも、騙されないで。こちらは「ブリーフセーフ」と呼ばれる簡易金庫なんです。

ベネクロ付きのポケットに少量の現金・貴重品を隠し、茶に染まったマーキングで盗難を防ぐ、完成度の高いパンツ偽装

貴重品を隠したら、洗濯機やスーツケースに忍ばせて、泥棒の目を欺くというわけですね。旅行中だけでなく、ちょっと家を留守にする際にも効果を発揮しそう。

というものらしい。

以前に、このセーフティーマンという海外製の人形を見たことがあった。

左がアメリカンセーフティーマンで、右がジャパニーズセーフティーマンだ。

車に乗せたり、家の中に置いたりするらしい。

日本での使い道が当時わからなかったが、今でもよくわからないのは何故だろう?

ちなみに空気を入れて膨らますらしいです。

使ったことはありませんが、空気を入れる人形は他にもあるようです(笑)

今回のオマケ付きパンツの凄いところは、現金を隠すだけでなく、茶色に染まったマーキングで盗難を防ぐところだろう。泥棒でも触りたくないようなマーキングだ。

マーキングのイメージは、コンビニなんかで泥棒が入ったときに投げるマーカーボールくらいだろうと思ったが、こんなリアルなマーキングの存在があったとは驚きである。

ここから学べることは、結構あったりする。

間違えてはイケナイのが、簡易金庫であり、盗難を防止するものであること。

ここを間違えると、方向がおかしくなってしまう。

1.泥棒でも汚いものは触りたくない。

2.身に付けている時に強盗などに遭っても、これは大丈夫そうな感じ。身に付けるものかどうかは疑問だが・・・

3.まさかマーキング付きパンツが簡易金庫だとは思わない(普通そうだろう)

海外旅行用途などで、靴やベルトに現金を隠すものは見たことがあるが、こんなパンツははじめてだ。

一方で、身につける?持っている人にとっては恥ずかしいかもしれないが、簡易金庫である以上は、割り切らなければならないのだ。

最近のネット犯罪やスパイウェア、フィッシングなどは心理的弱点を狙ったものが増えてきている。ネットに限ったものではなく、詐欺商法においても同じようなもの。

これが心理的にどうかは疑問だが、心理的だろうが、物理的マーキングだろうが、触りたくないものであることは間違いのないことだろう。

カバンの中におもむろに入っていたとしても、盗まれることは無いだろう。

リスクとしては、ゴミとして扱われることでどこかに投げられてしまうか、どんな確立で遭遇するか解らないが、こういうものが好きな人でない限り効果はあるだろう。

11ドルとコストも安いので、簡易金庫としては良いかもしれない。

みんなが持つほどの人気商品になれば、この価値はなくなってしまう。

それは考え難いことだが・・・

カギのついていない簡易金庫なので、荷物の中に入っているこのパンツを見られても、簡易金庫であることは言ってはならないのだ。金庫の価値がなくなってしまうからだ。

海外旅行に行ったときに、もしかしたら渡航先にもよるが帰国時に別室で検疫で引っ掛かることはあるのかもしれない。まずあり得ないと思うが・・・

1つのセキュリティ対策の有効なものであることはOKであろう。

でも、きっと私は使わないだろう(笑)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

同じ目線で違う視点から実践的なコンサルティング

一方的に偏ったことを言うだけのコンサルタントは必要ありません。机上の概念は「理想的」ですが、「実践的」ではありません。現状を知り、今必要な方法を探し出し、方向性を定めていくには、お客様と一緒に考え進めていく共同作業になっていきます。

とりあえず「形式だけを求めるお手伝いはご遠慮」させていただいております。そんな無駄なことに資源をかけたところで、大した結果が期待出来ないことを進めることに意義はありません。薄っぺらい結果しか出ないことを経験しています。そして、何よりも「時間・コスト・人材」の限られたリソースを無駄に使うことが出来ません。

お客様と「同じ目線でありながら、違う立場で考えること」が、何よりも大切であると考えます。
次に、視点を変えたアプローチをすることで、具体的策が見えてきます。