メールの使い方、本当に知ってますか?

企業の70%が電子メールの誤送信による機密情報漏えいを懸念ITproより

英Sophosは,企業電子メールのセキュリティに関する調査結果を発表した。それによると,企業の70%が電子メールによって機密データが流出することを懸念している。

職場で電子メールが普及するにつれ,メールの誤送信が増加傾向にあるとSophosは指摘する。「職場から,不都合な内容または機密データを含む電子メールを間違ったあて先に送信したことがある」と回答した社員は50%にのぼった。

このような人為的ミスによって,企業は評判を落とすだけでなく,法令遵守違反や機密情報の漏えいにつながる危険性がある。また,顧客リスト,技術情報,財務表などのデータを含む電子メールが悪意のある人物の手に渡れば,企業は莫大な経済的損失を被ることになる。

同社は機密情報漏えいの防止策として,機密情報を含む電子メールが暗号化されていることを確認する機能を備えたセキュリティ・ソリューションの導入のほか,電子メール使用方法に関する社員教育が必要だとしている。

70%もの企業が漏洩の危険を感じているのに、なんで減らないのだろうか?

情報漏洩は、技術的な対策だけで防げるのでしょうか?

なんて、常に思っている。

危険は感じているが。。。何もしていないから発生する。だけの簡単な話。

発生に伴う、被害の出る人もいるのは、感じている側は発生するまでわからないようだ。

この時期、風邪をひかないように予防するはず。インフルエンザの注射をしたり、うがいを欠かさずにしたり、マスクをしたり。。。

なぜ、するのか?風邪をひきたくないから。直接、自分の体調に影響が出るし、その脅威も身をもって知っているからだ。

では、メールの使い方はどうだろうか?

仕組みも良く知らずに使っている方が多い。名刺にメールアドレスが無いのを探すほうのが難しいくらいに利用しているのにもかかわらずに。

企業が連絡先の一つとしてオフィシャルに使っているメールなのに、使い方、特性、影響する可能性について、本当に知ってるのだろうか?

最近ではウィルスなどでアドレスが漏洩する問題もあるが、人的ミスでも隠蔽する傾向にある。メールでも食品でも変わらないようだ。ここでもミンチにしている。

それでも、漏洩の懸念だけはあるようだ。

懸念があるならば、そのリスクを軽減する対策や啓蒙はしているのだろうか?

技術的対策で有効なものがあれば、すればいい。するべきである。

じゃあ使う人間の教育は、どうだろうか?

教育しても発生する。 起こるときは起こるのである。

しかし、どれだけの発生可能性を減らすことができるだろうか?

数値化して”これだけ減ります!”って、ならなければしないのだろうか?

未だに減らないメールの問題。名刺に連絡先として明記する以上、ビジネスでメールを使って連絡を取る以上は、メールの使い方を正しく知らないままま使ってはならない。

車を運転するには免許が必要だが、メールを使うのに免許はない。

なくても、正しい使い方くらいは知ってから使うべきだ。使い方本当に知ってますか?

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

セキュリティ教育標語(意識行動編)

意識行動に特化した「情報セキュリティ標語」です。

50音の情報セキュリティ標語「あ~ん」までの45個を 、
6つのカテゴリー(PC、視点、注意、意識、行動、意外)に分類し、情報セキュリティの意識行動に関する、日常起きている事例をまとめました。

情報セキュリティの意識と言われると、難しい…となりがちですが、実はとても身近に存在する脅威でもあります。事例を元に知っておくべき「意識と行動」を簡単にまとめました。

文章で読み込むセキュリティは眠たくなるものですが、短い標語の中にエッセンスを盛り込むことで、注意喚起のきっかけを作り、「気づきを誘発」します。まず知ることから応用出来る知恵に変えていくことが、弱点の強化にも繋がっていきます。