昨年もお世話になりました。新倉茂彦です。 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

・・・って、旧正月じゃないのですが、全然余裕なく何も出来ませんでした。

昨年末から先日まで、ほぼ1ヶ月間、論文を書くためにWordと格闘をしておりました。

——-

さて表題の”プライバシーってなんですか?”を、書いていた。ここ数年ずーっと追いかけているテーマ。

ネット社会にプライバシーはない!ことを実証するためのものを書いていた。

そもそも、個人情報とプライバシーの区別も曖昧なままに、プライバシー侵害との風潮がある。ここには明確な定義がない。個人情報保護法にプライバシーに関する記述がないにも関わらず、プライバシーという言葉だけが一人歩きしている。

例えば、住基ネットを例にとれば、氏名・住所・性別・生年月日&住民票コードから構成される。もしも、この情報をプライバシーとするならば、この情報が流通することは、プライバシー侵害になるだろう。 

仮に、この氏名・住所・性別・生年月日がプライバシーとなるのであれば、知られたくない情報になる。プライバシーは、内面の自由とか、知られたくない権利、放っておいてもらう権利などと、定義もされている。

すると、この4情報が知られたくないのであれば、通常の社会生活に支障を来すのではないだろうか?

その範囲によっても話は変わってくるが、これが知られたくないのであれば、その人は少なくとも日本において存在出来なくなる。パスポートも運転免許も取得できない。救急車を呼んでも到着出来ないし、郵便物も届かない。

そもそも存在していないのと同じになってしまうからだ。

プライバシーは、乱暴な言い方をすれば、自分だけの人に知られたくない秘密になり、恥ずかしいことなどが、含まれてくるもののはず。

氏名や住所を知られることは、恥ずかしいもので、秘密にしたいものだろうか?そうしたら、その人はドコのダレになるだろう?

この4情報以外に、知られたくないような情報まで付加されれば、プライバシーに触れるかもしれない。が、それであっても4情報と分離していれば、それは関連のない情報の断片でしかない。

4情報と管理コードは、社会保障番号として使っている 国もある。

これは知ってもらうべき情報ではないだろうか?どれだけ保護しても民間のダイレクトメールなどのデータベースには既にあるのだから。。。

これでもプライバシーなんでしょうか?

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。