いままでで1番“重かった”本 〜 番長と遊ぼう!:ITmediaより

「あなたの いままでで1番“重かった”本を教えてください」です。

“重かった”のは、物理的でも心理的でもOKです。
あまりの重たさに1冊読破するのに3年かかった、
読んでいるうちに腕の筋肉が鍛えられた、
持ち歩いていたらかばんが壊れた などなど、
とっておきの“重かった”本をご紹介くださいね。

ご縁あって、このタイトルを考える機会をいただいた。

先月まで社会人大学院に通っていたこともあり、ここ数年はamazonの良いお客だったはず(笑)とりあえず買う癖がついてしまった。・・・中には”同じ本”を2冊買ってしまった事が数回あった。さすがに3冊買ったことはないが。。。いずれあるかもしれない。

で、重かった本。そう言われると意外とないのかもしれない。そのとりあえず買う癖だけはついたので、プチブックオフまでの道のりも遠くはなさそうだ。積ん読の整理すらついてない状態。しかし、本の場所とざっと見た本だけはイメージで”あの辺にあんな事が。。。。”なんて断片的には覚えているもの。新品未開封の本もあったりする。早く開けてあげないと。

その1.


マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略まで

マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略まで
フィリップ コトラー、ゲイリー アームストロング、Philip Kotler、 Gary Armstrong

もらった本。ほとんど読んでないコトラーの本。パラパラと見た程度。物理的にも重かった。1000ページくらいある。

その2.


コンピュータフォレンジックス入門―不正アクセス、情報漏洩に対する調査と分析 (トムソンセキュリティシリーズ) (トムソンセキュリティシリーズ)


コンピュータフォレンジックス入門−不正アクセス、情報漏洩に対する調査と分析 (トムソンセキュリティシリーズ) (トムソンセキュリティシリーズ)

内容が充実した重い本。仕事柄、結構機会が多く辞書のように使っている。

その3.



みんなのたあ坊の菜根譚―今も昔も大切な100のことば

みんなのたあ坊の菜根譚—今も昔も大切な100のことば

私にとって”おもい本”。友人に教えてもらった。このシリーズは以下のようなものがある。

たあ坊の賢人訓 中国編—今も新鮮な70のことば

みんなのたあ坊の賢人訓 中国編−今も新鮮な70のことば

忘れてしまった”何か”が書いてあり、読むというよりも見る事が多い。何度見ても、感じる事が変わるのは、なぜだろう?

菜根譚の原典は、本当に重い本らしいが、こちらは気軽に読めるので、オススメです。

1.2.は、ネタっぽいものですが、その3が本命ですね。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。