[みんなのお題]Googleの「Street View」尺度が不明確なプライバシーどう考えますか?

撮影者のきた道:クロサカタツヤの情報通信インサイトより

Googleストリートビューが日本でも始まった。楽しいサービスではあるのだが、率直に言ってこのまま進められるのかは疑問だと思う。法制度面からの確認も含め、いくつかまとめておく。

クロサカさんが、法制度のアプローチから肖像権を、個人情報保護の観点から、個人情報とプライバシーの明確な定義を書かれている。

あまりにも詳細で鮮明な「Street View」の、Viewを見入ってしまった。自分の出没しそうな場所であったり、よく知る場所など・・・先日は4時間も見入ってしまった。

Googleの「Street View」、プライバシーに問題なし。でも・・・に書きましたが、街並みの一部ってレベルを超えている。と思っています。

プライバシーといえば、1890年にウォーレン&ブランダイスが論文「The Right to Privacy」の中で、”放っておいてもらう権利”と、プライバシー権を定義しています。

一方、海外の一部では、”知ってもらう権利”と言う考え方もあります。

いずれも、どっちが正しいって話ではないと思っております。

私が勝手に思うプライバシーとは、「イヤなものはイヤ」と考えます。個人個人の尺度によって、その「イヤ」な範囲は変わり、

プライバシーとは、こうである!

とは、言えないものだと・・・

Googleは、便利に使ってますし、好きです。

じゃあ、民間のGoogleがやるから問題なのか?国家がやれば良いのか?。。。防犯目的であれば良いのか?・・・など。

プライバシーって、何かと「トレードオフ」するものなのか?とも思います。

簡単に、二元論で考えられるものでは、「ない」と思います、が。。。

皆さんのご意見を聞きたいです。よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

セキュリティ教育標語読本(意識改革教育教材)

情報セキュリティ標語読本は、セキュリティ標語教材の基本となります。

50音の情報セキュリティ標語「あ~ん」までの45個を 、日常のビジネスシーンにある16のカテゴリー(行動・確認・パスワード・操作・規則・盗難・ウィルス・ゴミ・トレードオフ・なりすまし・メール・他人・リサイクル・メモ・紛失)

に分類し、短い言葉で日常の中にある「情報セキュリティの気づき」を込めました。

セキュリティ標語の元となった事例、注意ポイント、プロの視点から構成されます。

情報セキュリティやコンプライアンスの要素を、標語としてノウハウを詰めた読本です。

4 thoughts on “[みんなのお題]Googleの「Street View」尺度が不明確なプライバシーどう考えますか?

  1. 朝之丞 より:

    この先の展開如何だと思います。
    Sci-Fiっぽくなっていくと思います(時間は掛かると思うけど)。
    どっちの方向に行くかが楽しみですが、日本では法整備は追いついてこないと思ってます。

  2. 新倉 茂彦 より:

    朝之丞さん、コメントありがとうございます。
    ・・・なるほど。
    イメージとしては、「ナイフ」のような感じがします。使い方によっては便利だし、凶器にもなりますし。
    人により「その範囲」は変わりますが、「ここまで」を超えてしまった感じです。
    いずれにしても、今後を注目していきます。

  3. 新倉 茂彦 より:

    muchinkさん、コメントありがとうございます。
    >どのように対応するのでしょうか?
    難しい問題ですね。その「場所」が、記録されていなければ、問題はないと思います。が・・・
    記録されていた場合、気がつくのは「公開された後」ですよね。
    公開された後でも、Googleに対して削除依頼は出来るでしょうが、公開されたものは、ネット内において増殖しまくり、なくなることは「ない」と思います。
    となると、元から「記録」されてなければ・・・と、「卵と鶏」のような話です。
    事後における決定的な有効策は、見あたらないです。

  4. muchink より:

    世間を騒がす事件が発生したときに、被害者の家、加害者の家がネット上に公開されるような気がします。
    このときに、どのように対応するのでしょうか?

この投稿はコメントできません。