フォトレポート:時代を振り返る–Windows XPの「ブルースクリーン」CNET Japanより

深刻なシステム障害によってSTOPエラーが発生したとき、恐ろしげな「死のブルースクリーン」(BSOD)に表示される情報を解読できるかどうかで、トラブルシューティングのスピードが違ってくる。このフォトレポートでは、「Windows XP」の一般的なBSODエラーメッセージを紹介する。

これ見ました。エラーの数だけブルースクリーンの画面数があるのでしょうが、こうやって見ると・・・う〜ん、うぅぅ。。。イヤな感じ(笑)

ブルースクリーンは、見たくなくても見れるものですが、見たくても見れないものです。

ほとんどのエラーについては、0X00・・・な部分を検索すれば、大体見えてきます。こんなエラーコードをすべて覚えてられないです。

一覧にある画面は、もちろん微妙に違いますが、ほとんど同じようにしか見えません(笑)

時代を振り返る。。。ブルースクリーンでなくてもいいような。。。

画面の一覧で思い出したのが、2000年頃に多く発生したWebページの改ざんです。これそれ以来画面の更新が終わってしまったのですが、今でも残っています。ATTRITION Defacement Mirror これは時代を感じる気がしてます。

ブルースクリーンのフェイクなスクリーンセーバーがあり、一時使っていたのですが、 それがスクリーンセーバーなのか?本当にブルースクリーンか違いがわからないので、使用中止にしました(笑)。精神的にもよくないです。

いろんな一覧がありますが、できればお目にかかりたくないブルースクリーンでした。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。