マイクロソフトのセキュリティ情報をかたる偽メールに注意!

最近そうでもないようですが、「macはウィルスに感染しない」と聞いていました。macも使うようになってから、もちろん対策は行っています。が、やはり利用率の高いPCやソフトウェアを狙ったほうが、敵には効率が良いのでしょう。

http://plusd.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0906/19/news021.html

添付ファイルにマルウェア:MSのセキュリティ情報をかたる偽メールが再流通 – ITmedia エンタープライズ via kwout

サポート対象のOSを記載するなど文面はもっともらしく見せかけてあるが、指示に従って添付ファイルを実行すると、トロイの木馬に感染するという。 OutlookについてSophosはこれ以前にも、「Outlook Setup Notification」(Outlook設定のお知らせ)と称して、悪質ファイルにリンクさせたメールが出回っていると伝えていた。

2005年の秋に銀行名を騙り、セキュリティアップデートと偽り、CDを送付した事件がありました。セキュリティアップデートは早急に行って下さい!と書かれてあり、一部でインストールしてしまったようです。

これは、ユーザーに過失があるのですが、本当に過失と言えるでしょうか?すべてを疑えば、こんなこともないのかもしれませんが、そんなことはまず無理です。危険と言われれば、すぐに対処しなければ。。。となるのが、普通な行動と思います。

今回のメールにしても、利用率の高いソフト向けにウソな注意喚起をしているので、ヒットしやすいでしょう。それが敵の目的だからです。利用率の低いものをターゲットにするのは効率が悪いからです。1個モノを売るための準備も、100個でも同じです。これはマルウェアでも同じです。

むやみに添付ファイルはクリックしない!なんて、聞いたことはあるでしょうが、その場になるとパニックになってしまうのです。ヤバイ!あんなメールもこんなメールも。。。って(笑)

名刺にメールアドレスを明記している以上は、利用者にメールの簡単な仕組みや、セキュリティの概要、そこで起こりうる問題などなど・・・最低限知っていれば、被害も少なくなると考えています。情報セキュリティ標語も参照下さい。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

ひとり情シスの対応範囲広い

多くの事例をみていますが「情シス業務を軽んじているために」担当者に負担がかかりすぎ、長く続かない結果になっています。これは、企業にも個人にも将来的に良い結果を生みません。

社内で出来る事は、負担を軽減する体制を作って行くことと、社外には、相談出来るサポート先を確保することです。

日々の仕事に追われたままでは、その場しのぎにしかなりません。社内に人材を育成するという長期的な体制を考えていくことが負担軽減も含め、全体の最適化に繋がり、経営戦略上も有効な策です。