ストリートビューの便利な機能に埋もれる「何か」

グーグル、ストリートビューに新ナビゲーションシステムを導入CNET Japanより

ストリートビューではこれまで、ストリートビュー内を移動する方法として、道路上に表示される矢印をクリックするというシステムを採用してきたが、今回導入されたスマートナビゲーションにより、見たい場所や対象をダブルクリックするだけで移動できるようになった。

新しく撮りなおしもはじまるようです。グーグル、ストリートビューを再撮影へ–問い合わせ専用窓口も開設

より便利になっていくのでしょう。

セキュリティの場合は、便利とリスクのバランスを考えた上で、勝るほうに力を入れるべきであると私は考えています。

この便利な機能のバランスはなんともわかりません。でも、便利になっていくのでしょう。

私もストリートビューをたまに使います。結局は便利なほうに流されていくのか?と。。。

便利な中に、何か大切なものが埋もれていくように思う今日この頃でした。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

全体のセキュリティ強度を向上する⇒1人1人の「意識と行動」の習慣化

鎖は一番”弱い輪”以上に強くなれない(ブルース・シュナイアー)

どれ程の強い鎖であっても、たった1ヶ所でも弱っていれば、全体の強度は「弱い鎖」と同レベルまで低下します。

例えば、グループウェア等「1人でも安易なパスワード」を使っていることで、そのシステムの入口となる強度は弱い鎖(1人のパスワード)まで低下します。

例え簡単なレベルのセキュリティ対策であっても、全体の底上げが出来るのであれば、弱い鎖のままよりは「よほど効果的」であり「最も有効な方法」の1つとなります。
しかし、弱点を見つめる方法も解らず、その補強なしに「強度」ばかりを追及する対策では、「強い鎖はより強く」なるだけで全体の強度は「まったく上がっていません」
上の鎖と同じ状態のままで…しなやかさも欠け「ブチッ」と・・・いつ切れてもおかしくない組織を多く見てきました。

One thought on “ストリートビューの便利な機能に埋もれる「何か」

  1. 「アルゴリズム」がエクスペリエンスに革新をもたらす。>>新しいストリートビューのナビゲーション。

    賛否両論のストリートビューですが、 「新しい 3D アルゴリズム」によって、 直

この投稿はコメントできません。