ネット犯罪の手口を動画で知る!

トレンドマイクロ、ネット犯罪の手口をショートムービーで紹介CNET Japanより

トレンドマイクロは7月13日、同社のウェブサイトにてショートムービー「サイバー犯罪者たちの告白」を公開した。4つの実話に基づく映像で、現在主流の犯罪手口を紹介している。映像の各所ではセキュリティに関する用語をピックアップして解説しており、セキュリティに詳しくないユーザーにも理解しやすいコンテンツになっている。

4つの動画から構成されてます。出来は良いです。用語の説明もあるので、わかりやすい。

面白いのは、画面右横にパイ、生タマゴ、靴があり、動画に投げられます(笑)

すっかり、全部の動画を見てしまいました。文章表現と動画とは大きく違いがあり、見て雰囲気を含めてわかる。ココが動画のわかりやすい部分と思います。

どうもセキュリティって、わからないとか、むずかしいと思われがちです。その通りなのです(笑)

だからこそ、実際に発生している事件を、犯罪者の視点から見てみる。

「攻撃が最大の防御」が、私のポリシーです。攻撃視点で対策を考えない限り、守れるものも守れないと考えています。WebサイトへのDDoS攻撃を「人」の行動と標的に置き換えると・・これも攻撃視点を人に置き換えた例です。

啓発動画が終わると、お約束の商品紹介のページでした。ちなみに私は、この会社の回し者ではありません&告白している人も知り合いじゃないです(爆)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

セキュリティ教育標語読本(意識改革教育教材)

情報セキュリティ標語読本は、セキュリティ標語教材の基本となります。

50音の情報セキュリティ標語「あ~ん」までの45個を 、日常のビジネスシーンにある16のカテゴリー(行動・確認・パスワード・操作・規則・盗難・ウィルス・ゴミ・トレードオフ・なりすまし・メール・他人・リサイクル・メモ・紛失)

に分類し、短い言葉で日常の中にある「情報セキュリティの気づき」を込めました。

セキュリティ標語の元となった事例、注意ポイント、プロの視点から構成されます。

情報セキュリティやコンプライアンスの要素を、標語としてノウハウを詰めた読本です。