目の錯覚で動いていないものが、動いているように見えたりするものがあります。が、これは動いているものを動いてない(静止画)にすると、こうなるようです。何とも面白いものです。

iPhoneでプロペラの回転を撮影したらとんでもないことになってたらばQより

通常、プロペラが回転している写真は、上の画像のようになっていると思います。

ところがiPhoneや古いCMOSのデジタルカメラで撮影すると、回転数やタイミングによっては、とんでもないものが写し出されるようです。


iPhoneでプロペラの回転を撮影したらとんでもないことに01

「何がどうなってるの?」「どうしてこうなるの?」と思う人は多いようで、理屈を説明している映像がありました。

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=T055cp-JFUA&feature=player_embedded]

写真を見たときは、何かの間違いか?と、思ったのですが、動画を見て「なるほど!」と理解できました。

目の錯覚のようにカメラの性能によって、このようになるのが面白いです。

車のホイールも高速回転していると、形が違ったように見えることもあったり、LEDの残像で文字を描くことも出来たりするので、詳しいことは?なのですが、同じようなものなのでしょう。

高速回転するものならば、他にも出来るのかもしれません。ちょっとトライしてみたいと思いました。

以前に見た目の錯覚で面白かったのはこれです。回転しているシルエットなのですが、突然別の方向に回り出しているように見えるのです。同じものを複数の人で見るとさらに面白いです。回転方向が見ている人によって違うのです。右回り(時計回り)に見えるのは、右脳が活発なようです。

Silhouette Illusion

あまり見過ぎて、とろけそうになりました(笑) 健康のため長時間の凝視はやめましょう!

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。