オレオレ詐欺ならぬ、カニカニ詐欺。代引きで「カニ」を送りつけてくるらしい…

カニカニ詐欺ってのがあるのを、はじめて聞きました。ネタだと思っていたのですが、実際にあるようです。とりあえず、半信半疑だったので検索をしてみました。

Googleで「カニカニ詐欺」が20,900件、Yahooで1,300,000件でした。なんでこんなにも違うのか? カニの種類が違うのか?と、まったく関係のない事を考えました。単にブログまでも結果に出しているようでした。元々はネタだったことも判明しました。

カニカニ詐欺とは – はてなキーワード

カニを送りつけ代金を請求する“カニカニ詐欺”が急増中NETAFULLより

「カニ好きですか?」カニ送り付けで“泡食う人”急増

という記事より。

電話で「カニは好きですか」などと高齢者らを勧誘し商品を送りつけ、代金を請求するケースが全国で急増していることが20日、分かった。

「カニは好きカニ?」と電話してきたかどうかは分かりませんが、高齢者に電話して商品を送りつけ、代金を請求するケースが急増しているそうです。

生鮮食品はクーリングオフの対象外で、電話勧誘なので契約書面が必要ないという、そんな隙間をついているのだとか。

昨年の5月に記事になっていました。どうしてもネタにしか思えないのですが、国民生活センターにも「頼んでいないのに勝手にカニが送られてきた」とあるので、私が知らなかっただけで、実際にあったようです。

しかし突然電話で「カニは好きか?」と聞かれれば、思わず「えぇ…」と言っちゃいそうです。すると、代引きのクール便でカニが届くらしい。頼んでないのに。

カニってところが、なんとも絶妙な感じがしてます。クール便ならなんでもいいのか?と考えてみましたが、時価な感じのカニは好都合なモノなのかもしれません。

押し売り?詐欺? どうも押し売りのイメージは、歯ブラシとかゴムひも・・・今時はこんなものじゃないのでしょう(笑) 

よくある嫌がらせで、店屋物がたくさん届くのに似ている感じがしています。これ犯罪です。やっちゃだめです(笑)

「わんとぴ」でつぶやいた、タウンページの広告詐欺も一方的に送ってきて、間違って支払ってしまうケースもありますが、届いた段階では郵送ですし、請求書と広告の切り抜きが入っているだけです。

頼んでなくとも、代引きで突然届くのは、気分が悪いものです。自分は悪くないのに、罪悪感すら感じてしまう。生ものですし…

詐欺にも色々な方法があるのですね。カニは知りませんでした。正月に向けてカニの需要も高まりそうなので気をつけたいものです。勉強になります。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

セキュリティ教育標語(意識行動編)

意識行動に特化した「情報セキュリティ標語」です。

50音の情報セキュリティ標語「あ~ん」までの45個を 、
6つのカテゴリー(PC、視点、注意、意識、行動、意外)に分類し、情報セキュリティの意識行動に関する、日常起きている事例をまとめました。

情報セキュリティの意識と言われると、難しい…となりがちですが、実はとても身近に存在する脅威でもあります。事例を元に知っておくべき「意識と行動」を簡単にまとめました。

文章で読み込むセキュリティは眠たくなるものですが、短い標語の中にエッセンスを盛り込むことで、注意喚起のきっかけを作り、「気づきを誘発」します。まず知ることから応用出来る知恵に変えていくことが、弱点の強化にも繋がっていきます。