ブラウザのシェアが「Firefoxのロゴ」になりつつある…尻尾が伸びてる図

IEの脆弱性が、続けて出ています。IEに新たな脆弱性、セキュリティ企業が発見:

私はFireFox好きですが、IEしか使えないサイトも未だにあり、ちょっと気になるところです。

ブラウザシェアの移り変わりが一目で分かる図Gigazineより

Internet Explorer(IE)、Mozilla FirefoxGoogle ChromeSafariOperaなど、インターネット上のウェブページを閲覧する際に使用するソフトウェアをウェブブラウザと呼ぶわけですが、これらのブラウザのシェアがどのように移り変わってきたのか一目でわかる図があります。

圧倒的シェアを誇っていたIEがほかのブラウザにシェアを奪われていっている状況や、Google Chromeが着実にシェアを伸ばしている様子がよく分かるのですが、よく見てみるとちょっとしたネタが隠されているようです。

これがブラウザシェアの移り変わりが一目で分かる図


これ見て、おおぉぉ!と。どう見ても、FireFoxのロゴにしか見えない。Michael VanDaniker :Historical Browser Statisticsここから見ると、もっとわかりやすく見えてきます。

この私のブログも、IEで見られている方が50%近くいらっしゃいます。Firefoxがやっと30%って感じです。

FireFoxが重たく感じる時が多くあるのですが、原因はわかっています。タブを50個くらい開いているからです。これ、以前(IE6とか)の頃ならば、ブラウザクラッシャーに近い数であり、同じことです。それでも落ちないのですから、FFも立派なもんです(笑)

色々な人に、この話をすると、「耐久テスト」とか「我慢大会」など、批難は私に向けられます。当たり前なのですが・・・

FireFoxも先日、3.6にアップデートしました。どれほど高速化されていても、開くタブの数を制限しなければなりません。当たり前なのですが・・・

このシェアの図に関心しながら、FFが伸びていると思った今日この頃でした。

過去のブラウザ関連:

Firefox の更新で思い出す、便利に慣れている←→不便な使い心地

迷い箸ならぬ、迷いマウス&クリックの解決方法がイマイチしっくりこない

私の知らなかった、GoogleのブラウザーChromeにある「感じ悪い」機能

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。