不況下で副業被害が増加らしいけど、その手口は「内職系〜資格商法系〜アフィリエイト」とデジタルっぽくなっただけ

副業の被害が拡大しているようです。でも、内職系〜資格商法系〜アフィリエイトと言う「いかにもインターネット時代っぽいモノ」に変わっただけで、手口そのものは「昔と変わらない」はず。環境(不況)だけが、変化し続けているだけです。変わってないのは、人のほうだと思うのです。

アフィリエイト儲け話に要注意 不況下の副業探しで被害増えるJ-CASTニュースより

アフィリエイトで稼ぐサイト作成などで高額の料金を支払わされたという相談が、全国の消費者生活センターに相次いでいる。給与カットで副業を探していて、被害に遭うケースが多いという。不況の影響がこんなところにも及んでいる形だ。

おいしい話って、おいしい結果が出れば、おいしい話だった。。。となるのでしょう。

限定**!って、言葉に弱いモノです。おいしい話も、飽和する前に・・・と、ネズミ講ビジネスのような話になる?のかもしれません。今だけ!あなただけ、ドコモダケ?って、「たられば」のように、「だけ」が使われています。でも、弱いんですよね。こんな言葉(笑)

しかし、その手口ってインターネット前からあるものです。内職系や資格商法など。。。今でもあるのでしょう。きっと。

インターネットの時代だから、アフィリエイトですよ!なんてたって稼げるんですから・・・となるのでしょうか?実際に稼いでいる人は少数であり、相当な努力をしているはずです。そんなに簡単に儲かるならば、既に皆がしているでしょう。

だから、「だけ」って言葉が必要なのです。誰にでも簡単に1日に僅かな時間だけで稼げます!今すぐにはじめましょう。あなただけにとっておきの情報を。。。みたいな感じでしょうか?

アフィリエイトと聞いて思い出すのは、インターネットさえ繋がっていれば、1日に5ドルも稼げば食っていける地域の人たちでも稼げるんですよ!なんて言葉です。今でも間違いではありません。地域と言語の違いだけと思います。

個人の副業に、これらの話で釣られるのであれば、個人の属している組織から「情報の持ち出し」をしてくれれば、**円の報酬を支払います。って話のが現実的であり、確実に報酬が入ってきます。単に紙媒体かUSBメモリーなどに書き込み、持ち出すだけです。

これらを「情報漏洩」と言います。もちろん犯罪です。保身のための人質的に「持っているだけの」人たちもいます。

環境も不況も雇用も、変化し続けるものです。変わってないのは「人」のほうだと思います。従業員の「人」も、マネジメントの「人」たちも、変化に応じた対処が必要です。変化と立場の違いによる「攻撃と防御」を考えなくてはなりません。

副業の被害よりも、持ち出し被害のが、大きなリスクだと思うのです。

「おいしい話だった」が結果であれば、「情報が漏れた」も結果でしか、わかりません。

無料とは、結局高く、つくものだ」情報セキュリティ標語より

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。