ブログ:新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ

中小企業向け「今すぐ始めたい中小企業のセキュリティ対策チェック」の連載記事

1. PC編:必ず導入しようウイルス対策ソフト

2. PC編:パスワード使い分けのススメ

3. PC編:トラブルに備えるバックアップの活用

4. インターネット編:Webブラウザの安全な使い方

5. インターネット編 ソーシャルサービスの安全な使い方、ルールの作り方

6. メール編 情報漏えい事故を起こさないためのテクニック

7. メール編 メールを保管する――アーカイブのススメ

■ 実は身近な情報漏洩! 情報セキュリティー専門家に聞く、個人でできる対策とは?

■ Business Media 誠 インタビュー(突撃!となりの専門家)

■ オルタナブロガー徹底分析!

■ ビジネスを脅かす危機に備えよ セキュリティリスク再点検と最新対策

■ 独断と偏見の気になる情報セキュリティ・ブログ【過去ログ】

■ OneTopi「セキュリティ」【過去ログ】

■ 情報セキュリティ関連ブログ・啓発活動

BLOGOS_logo
ピックアップブログ一覧

形のない情報という”無形資産”をどのように守りますか?

予想外、どこまでなにを、予期してた? (意識行動編)

洩れる前提の思考と視点で考え抜いても予想以上のことは思いつきません!

漏洩対策には、まず最低限の人的な「意識改革・向上」が必要です。しかし「意識改革・向上」など、そんなことやったところで?…具体的に効果があるのか?…と思われているようです。
現実には、最も簡単である「漏洩防止機器の導入」等、技術的な対策だけを選択するという安易な方法が行われています。その対応適用できる範囲を把握していれば1つの有効で充分な策となります。しかし、これだけではすべて網羅できません。

誰もがわかってることですが「人間は意識しなければ」行動はできません。うっかりミスや、知らずに行っている危険な行動、わかっていても実際には出来ていないこと…最終判断・行動は人が行います。