社内だけで「公正な内部調査・適切な不正対策」が出来ますか?

近年は「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」を設け、第三者による客観的な調査が増えてきました。

利害関係のない第三者でなければ、公正な調査が実施出来ないからです。

内部調査・社内不正・対策…においても、第三者の専門家に委ねなければ「内部の政治的圧力」「忖度」等により、正しい状況は見えてきません。それらの結果は歪められ隠ぺいされます。これはコンプライアンス以前の問題で、疑問に思った正しい行動さえも潰されていく…正義とは何なのでしょうか?

実際の不正な調査に数多く携わっていますが、相当な状況にあるのが現実であり、中々表面化し難い(ように仕向けている)のでわかりにくいものです。

結局、誰にどのように相談すればよかったのか? わからなかったというケースも多く見聞きしてきました。

内部調査:
調査が必要なのか?と思ったときは「何か気になる前兆」が見え隠れしている状況です。
調査の必要がある場合は、様々な方法を駆使して実施します。必要がない場合でも、事後に必要な対策をご提案いたします。

不正対策:
不正が起こりやすい環境をどのように管理、見分けるのか?等の手法をご提案いたします。必要に応じて「現場ヒアリング」や「抜き打ち状況調査」「現場視察」等を実施いたします。潜在化した原因等ある環境が不正の温床となっています。意外な方法からアプローチし、ノウハウを最大限に活用します。
現状をじっくりと見定めなければ、有効な不正対策は見えてきません。

漏洩事故原因調査・対策支援:
ITやコンピュータの関連する問題、事故等が後を絶ちません。技術的に疎いから…ではすまされず、大きなリスクを抱え続けることになります。
調査対象者よりも高度なスキルを持った者が対応しなければ、問題の本質は煙に巻かれてしまいます。実際にこのような事例を多く見てきました。
内部不正調査の延長として、活動する機会が増えてきました。

一時的な対策支援も承りますので、まずは話せる限りの状況をお知らせ下さい。守秘義務契約を至急締結します。

「絶対に不正を許さない!」意思さえあれば、とことんお手伝いいたします。

早期に対応をしなければ、状況は更に悪化していきます。まずはご相談ください。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。