セキュリティ教育標語読本(意識改革教育教材)

情報セキュリティ標語読本は、セキュリティ標語教材の基本となります。

50音の情報セキュリティ標語「あ~ん」までの45個を 、

日常のビジネスシーンを16のカテゴリー(行動・パスワード・確認・規則・操作・盗難・漏洩・ウィルス・ゴミ・トレードオフ・なりすまし・メール・他人・リサイクル・メモ・紛失)

に分類し、短い言葉で日常の中にある「情報セキュリティの気づき」を込めました。

セキュリティ標語の元となった事例注意ポイントプロの視点から構成されます。

情報セキュリティやコンプライアンスの要素を、標語としてノウハウを詰めた読本です。

ご利用方法の例:

1.標語読本「あ~ん」の45個をページごとに、社内教育教材として

2.標語単体として「なぜそのようなことが必要なのか?」考える機会

3.目にする機会を増やし「うっかりミス」への気づきを促すきっかけ作り

コンテンツの利用方法は様々です。それぞれを配付、掲示等、意識変革教育教材としてご自由にご利用ください。

目次 

情報セキュリティ標語カテゴリー一覧

あ 相手だれ?、確認するまで、教えない。
・・・
か 街頭で、答えて交換、個人情報。
・・・
さ 再利用、裏紙急に、表がみ。
・・・
た 他人事?、起きてしまえば、自分事!

・・・
な なりすまし、用心深いと、相手が警戒。
・・・
は 廃棄とは、二度と戻らぬ、ことをする。
・・・Image7
ま 丸めてポイ、メモから漏れる、満載情報。
・・・
や 闇入口?、誘導される、詐欺サイト。
・・・
ら ランダムな、文字で最強、パスワード。
・・・

ん ・・・ん?、違うと思えば、再確認。


情報セキュリティ標語 (意識改革・向上・教育教材):総合

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。