「チェーン・メールを送ってください」—アドレス収集の新手口ITpro Securityより

スパムには,「チェーン・メールの研究をしているので,受け取ったら私に転送してください」といった内容が英語で記述されている。Sophosによれば,
研究者を名乗るこのメールの送信者はスパマー(スパム送信者)であり,スパムを送るための有効なメール・アドレスを収集するために,こういったメールを
送っているという。英Sophosの情報

その昔は、不幸の手紙とか・・・今でもあるのか?

チェーンメールは日本でも未だに、顕在で元気なようだ。


チェーンメール大倉庫
や笑いのチェーンメール <笑えるSPAM MAIL スパムメール>なんかを見れば大体わかる。

Wikipediaのチェーンメールには、もっと詳しく解説されている。痛みの基準はハナゲなどは何とも考えたものだ。

元は、イタズラ目的の愉快犯で、ターゲットは不特定多数になる。

数年前に、某テレビ番組の企画を装ったチェーンメールが出回った。

この番組は今でもやっている長寿番組。そのメール内容はいかにもな感じだった。

だから今回のように、チェーン(連鎖的に)繋がってしまう。

軽い表現をすれば、面白いで終わるかもしれない。

しかし携帯電話のメールにチェーンされる、ちょっとシャレにならないものもある。

これはチェーンメールに限らず、オレオレ詐欺なんかでも同一の手口になる。

人の心理的弱点を狙ってくるのだ。

コンピュータウィルスのように、以前よりも悪質化したものが多くある。

ネズミ講の無限連鎖のように、1人ずつに1,000円振り込んで!なんてものあった。これは、振り込んで最後に自分の名前と口座を書いて送るものだ。

わかりやすい詐欺っぽいものは、あやしい匂いがするのでわかるだろう。

しかし、脅迫めいたメールをもらっちゃた人はたまらない。

真剣にどうしよう!?

って悩んでしまうようなメールまで存在する。ストーカーに近いようなものだ。

この判断は難しいか?

そんなことはなく、判別方法はとても簡単に出来る。

送られてきたメール本文の一部を検索する!

たったこれだけ!

ようは、チェーンメールは大体がネット騒がれているものだからだ。

何も焦って慌てることはないのだ。

しかし、ウィルスのワクチンと同じで・・・

ウィルス出現 → ワクチン配布 この順番は間違いないこと

この順番は、間違って逆になると・・・それはそれで別な問題になってしまう(笑)

チェーンメールも同様で・・・

チェーンメールが出回る → ネットで検索してもヒットする

でも、ウィルスとまったく同じではない。

それは、もしかしたらチェーンの一番最初に自分が何かの間違ってもらっちゃったら?

宝くじでも買ったほうが良いかもしれない。そのくらい確率は低いと思われる。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。