【警告】Googleカレンダーで情報流出?大西 宏のマーケティング・エッセンスより

大西さんのブログをいつも楽しく読ませて頂いている。

この【警告】Googleカレンダーで情報流出?には、驚いた!

最近は随分と減ったのか?誰も気にしなくなったのか?ブラウザから個人情報が一覧出来るページなんてものがあった。単に技術的な設定ミスが原因。

通販サイトなどの個人情報と購買データなどが、一番大きく事件として取り上げられるのだが、実はあまり知られていない漏洩もあった。

最近の話ではないが、今でもあるのかもしれない。私が知らないだけ。

出会い系サイトでの携帯アドレス流失などがあった。数年前は携帯メールアドレスが電話番号だった頃もあり、アドレスと電話番号の両方を1データからGETできた。

何とも凄かったのが、アダルト通販サイトのデータが漏れちゃったのを見たことがある。中身は、買った商品名・値段・数量・送り先・連絡先・メールアドレスなどであった。

これは商品名が何とも凄くてここでは書けない(笑)

個人情報+購買情報で、プライバシーに触れるような情報になる。

が、意外と表に出てこないのだ。

このときに興味深かったのが、co.jpなどの会社アドレスで申し込んだ人がいたことだ。別に会社アドレスがイケナイ訳じゃないが、こんな風に漏洩すると、普通のプロバイダーメールやフリーメールアドレスとは訳が違う。

モノがモノだけに、就業時間中にこんなの買って良いの?なんて、くだらない話にまでなりかねないからだ。漏洩データには申し込みの日時が入っていたのだ。

ここまで書いたのものは、自分ではどうにもならない相手側の問題だった。(買った行為は別にして)

で、Googleカレンダーだが、自分で自分の情報を全世界共有な形で、書いてしまっている。Googleが漏洩した訳じゃない。

自分だけの情報や行動予定であれば、誰にも迷惑や損害はないだろう。

例えば、コンビニに行く。寝る。犬の散歩・・・まるで小学生の日記のようだ(笑)

しかし、予定表に入れる予定が上のような事は書かないだろう。特にビジネスマンの場合。

仕事の予定とか、個人の予定とか、家族の予定とか。。。

自分のパソコンだけで見ている分には、他の誰かが見れる?なんて考えないだろう。

これは今回のカレンダーだけでなく、物理的に別のパソコンなどから見てみると簡単にわかるのだ。

情報漏洩と同じく、あれ?見えてるよ!なんて言われてから、本人ははじめて気づく。

この危険な情報をみんなに教えましょう!なんて言うと、チェーンメールになりそうでこれも脅威・・・

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。