撮影者のきた道:クロサカタツヤの情報通信インサイトより

Googleストリートビューが日本でも始まった。楽しいサービスではあるのだが、率直に言ってこのまま進められるのかは疑問だと思う。法制度面からの確認も含め、いくつかまとめておく。

クロサカさんが、法制度のアプローチから肖像権を、個人情報保護の観点から、個人情報とプライバシーの明確な定義を書かれている。

あまりにも詳細で鮮明な「Street View」の、Viewを見入ってしまった。自分の出没しそうな場所であったり、よく知る場所など・・・先日は4時間も見入ってしまった。

Googleの「Street View」、プライバシーに問題なし。でも・・・に書きましたが、街並みの一部ってレベルを超えている。と思っています。

プライバシーといえば、1890年にウォーレン&ブランダイスが論文「The Right to Privacy」の中で、”放っておいてもらう権利”と、プライバシー権を定義しています。

一方、海外の一部では、”知ってもらう権利”と言う考え方もあります。

いずれも、どっちが正しいって話ではないと思っております。

私が勝手に思うプライバシーとは、「イヤなものはイヤ」と考えます。個人個人の尺度によって、その「イヤ」な範囲は変わり、

プライバシーとは、こうである!

とは、言えないものだと・・・

Googleは、便利に使ってますし、好きです。

じゃあ、民間のGoogleがやるから問題なのか?国家がやれば良いのか?。。。防犯目的であれば良いのか?・・・など。

プライバシーって、何かと「トレードオフ」するものなのか?とも思います。

簡単に、二元論で考えられるものでは、「ない」と思います、が。。。

皆さんのご意見を聞きたいです。よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。