本物だ!トロイの木馬が侵入するってこんな感じ

高セキュリティの場所にトロイの木馬が侵入を試みるムービーGIGAZINEより

テレビ局、競馬場、オペラハウス、大学、他国の領事館、あげくの果てに軍事施設といった警備の厳重な場所にまで、車に引かれた本物のトロイの木馬が侵入しようとするムービーです。しかも驚くべきことに中に本当に兵士が乗っています。

詳細は以下の通り。
YouTube – Chasers – Trojan Horse
テレビ番組の企画のようですが、やはりさすがに領事館や軍事施設は無理みたいです。最後に一瞬だけ映る警備スタッフのあきれた顔がなんともいえません。

ちなみにトロイの木馬については下記を参照のこと。
トロイの木馬 – Wikipedia

コンピュータウィルスで有名なトロイの木馬。

しかし、その侵入プロセスは体験していないので解りづらい。

詳しくはWikipediaを参照して頂きたい。

簡単に言うと、木製のトロイの中に軍人を忍ばせ、敵地に入り込むというもの。

聞いたことは何度もあるし、そのロジックはわかる。

コンピュータウィルスにおいては、感染させる目的でパソコンに入り込ませる手法だ。

その動きが、このトロイの木馬のようなので、このように言われている。

是非、上記のYouTubeを見て頂きたい。トロイの木馬が、見えるようにわかる。

やはり映像はわかりやすい。コンピュータウィルスだとこのようには見えないからだ(笑)

あくまでパロディだが、なるほど!ってのはわかるかもしれない。

まぁ1回見れば充分だけど(笑)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。

One thought on “本物だ!トロイの木馬が侵入するってこんな感じ

  1. バカヤマびと より:

    >簡単に言うと、木製のトロイの中に軍人を忍ばせ
     逆です……。

この投稿はコメントできません。