スパム送信者ワースト10

反スパム団体が「スパム送信者ワースト10」を発表,国別では米国が最悪:ITproSecurityより

アンチ・スパム団体のSpamhaus Projectは11月16日,同団体が収集したデータをもとに,最も多くのスパム(迷惑メール)を送信している国やISP,個人を公表した。国・地域別では,米国から最も多くのスパムが送信されているという。

国・地域別のワースト・ランキングは以下のとおり。スパムは世界中で損害を与えているにもかかわらず,いくつかの国では対策を講じていないという。以下の国・地域にはスパム対策の法律がないか,あっても貧弱であるため,「スパム天国(Spam Haven)」になっているとする。

  1. 米国
  2. 中国
  3. 日本
  4. ロシア
  5. カナダ
  6. 韓国
  7. 英国
  8. 台湾
  9. 香港
  10. オランダ

Spamhaus Projectの情報

日本が3位に入っているのはなぜだろう?

日本語のspamも多く送られてくる状況を考えれば、納得がいくのかもしれない。

最近は聞かないが(私だけが知らないのかも?)、1999年前後くらいは、日本はハッカー天国と言われていた。それは簡単な話で上記のスパム天国と同様に、貧弱なサーバが多くあり、海外ハッカーの標的にされていたがあった。いわゆる踏み台ってやつで、脆弱なサーバに侵入し、そこを踏み台として経由し、目的のサーバに侵入するというもの。何カ所も経由すると元の接続先がわかりにくくなるのが目的。

言葉の定義だけしておきたいのは、ハッカーと言われるのは、コンピュータに精通し、何でも出来る優秀な人たちを言い、一般的に使われるハッカーとはクラッカーと呼ばれ、同じく精通しているが紙一重の一線を越えてしまった悪意ある人たちを言う。解りやすいのでココではハッカーと言っているが、クラッカーの事である。

当時よりも国内においては、随分強くなっているはずなのだが、それ以上の普及率と個人使用での常時接続が増えている事を考えれば、それよりも悪化しているのかもしれない。詳しいデータがないのでわからない。

母数が大きくなった分だけ、脅威も増えていると思われる。

スパムもうっとうしい。ケータイのスパム対策は通信事業者が頑張った結果、最近では減っているようだ。スパムでの逮捕者もでている事を考えれば、メールでのスパムも次の世代に変化していくのだろう。

また別なものが、発生してくるのは時間の問題だけだ。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。