総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本語版で判明

総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本語版で判明 ITmedia News

Wikipediaを編集した組織や企業が分かるツール「WikiScanner」の日本語版がこのほど登場した。これを利用して行政機関からの編集について調べてみると、総務省や文部科学省、宮内庁などから、行政に関わる内容からエンターテインメント関連まで、さまざまな内容について編集があったことが判明。行政に批判的な内容を削除する編集も見つかった。

WikiScannerは、 IPアドレスを入力すれば、そのIPから編集された内容を一覧表示できるツール。IPアドレスと組織名を対応させる仕組みも備えており、特定の組織が編集した記事や内容を確認できる。英語版はすでに公開されていたが、今回新たに、日本のWikipedia内を検索できる日本語版が登場した。

今年の夏のニュース記事。突然思いだし、引用してみた。

なぜか?

ネタっぽい話になってしまうが、例のボクシング試合での出来事で思い出してしまった。

負けた人の失言が、あたかも過去の本当にあった話のように、Wikipediaに書かれてしまっていた。J-CASTニュースより

詳しいことは、ここでは書かないので見ていただきたい。Wikipediaのページも荒らし対策規制がかかっている。

で・・・

今更かもしれないがWikipediaは、みんなで編集し、知の共有をしようという素晴らしいもの。私も相当にお世話になっている。これこそが、インターネットの凄いところであり、恩恵にあずかれるところ。

Wikipediaに限らず、インターネットにも限らず、それが本当に正しいのか?見極めるのは難しいところ。テレビが正しいのか?新聞が正しいのか?マスメディアの威力の出てしまうところでもあったりする。

結局のところ真偽を見極めるのは、ユーザー自身の自己判断しかない。

で・・

Wikiscannerは、編集した接続元や編集した部分が”もろ見え”してしまうこと。それも簡単に。

IPアドレスと接続元を対応させる機能も備えているため、組織から接続し編集した場合には、その組織名が明らかになる。

普通に普及しているADSL等のプロバイダー経由で繋げば、組織名も出ようがない。

ここで興味深いのは、どの組織が、どのページの、どこを編集したか?なのだ。

笑い話として何かを隠す場合に、”ここには何もありません!”なんて、引き出しの前に立つようなもの。

それ、わかりやすい!ってもの。正直な人でも、沈黙した方がいいこともあるかもしれない。

ある組織からは、業務と関係なさそうな編集を行ったりしている。イケナイとは言わないが、公的機関の場合だと、バッシングの対象になりやすい。

一方で、業務と関係あるものについては逆に、”なんでだろう?”と疑問を持ってしまう。引き出しの話に似ている。

何もしなければ、そのまま放置されるか、誰かが書き直してくれる。実際に海外では、Wikipediaに間違った書き込みをして、どれほどの時間で発見され直されるか?研究している人たちもいる。

公的機関に限らず民間企業でも編集履歴が残ると、”何かあったのか?”と思ってしまう。理由がない限り、そんな事はしないはず。隠蔽?と思われるようなこともあるかもしれない。Wikiscannerでそれが明らかになってしまう。

見えない事をしているつもりでも、見ている人がいる。ビッグブラザーほど大きいものではないが、ブラザーは見ているのだ。

さて、調べ物が残っているから、Wikipediaに行くか。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。