偽装も盗難対策に有効・・・USBメモリーの場合

ちぎって作ったUSBメモリ: Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)より

これはUSBメモリ。いらないUSBケーブルをちぎって中にメモリを入れただけ。安くてすぐにできそうなところが良いですね。
作り方はネタ元サイトをどうぞ。

Evil Mad Scientist Labs via Uberreview]


どうみてもブッチ切れたUSBのコードにしか見えない。あーぁ、切れちゃったのね。なんて感じだ。コンピュータに刺さっていれば、切れた直後のように思うだろうし、これがデスクの上に置いてあれば、ゴミ箱に捨てられそうな。。。やはり切れたケーブル。見たままだ。

情報漏洩で圧倒的に多いのが盗難。コンピュータごと持って行かれる場合もあれば、大容量の小型になったUSBメモリーを持って行かれることも多い。このUSBメモリーならば、盗んだとしても片手に入る程の大きさだから、持ち運びにも便利である。使っている時も、盗まれた時も同じだ。小さい分だけ無くしやすい。私は昔使っていたような携帯のストラップをメモリーにつけている。わざわざ、そうしているのだ。

で、これはネタではない。盗難対策にも有効なものでもある。1年前に書いたものセキュリティーもパンツ偽装で泥棒を撃退!も同じであった。出典元が同じなのは偶然であって、私のチョイスする感覚が変だからと思われる。結構面白い記事が多くあり、変なものばがり引用しているようで、申し訳ない。

偽装されたものが有効なのは、偽装されていることを知らない人だけにしか通用しない。当たり前のようで、当たり前だ(笑)

しかし、盗難対策で考えれば、それも1つの有効策である。

先のパンツにしても、まさか。。。こんなところに。。。って思うようなものだ。簡易金庫として旅には便利だろう。やり過ぎのようにも思えるが、敵になったときに、自分は狙うか?って思考も必要だ。こんなもん偽装であることを知らなければ欲しくないし、狙いもしない。マニアな方には話は別かもしれないが。。。ココでは偽装の話だけとする(笑)

例えば、道にUSBメモリーが落ちていれば、誰かが落としたものだろう?と考えるはず。善良な方は落とし物として届けるかもしれないが、そうでない場合もあるだろう。そんなところから漏洩は始まる。誰ももっていかなかったとしても紛失の場合は、その”ブツ”が出てこない限り、心配は消えない。出てきたとしても、コピーされた可能性は拭えない。だから暗号化が有効になる。

でも、この場合ならば、道に落ちていても誰も拾わないだろう。切れたUSBのコードにしか見えない。って、そのまんま。偽装なんて、まず考えないだろう。

偽装は、ニュースでも騒がれたことがあったが、イケナイこと。食品などは、もってのほかだ。

誰にも迷惑がかからずに、それ以上に偽装が危険から守られる可能性を考えれば、それも有効だと。。。

この偽装の唯一の弱点は、本当にゴミ箱行きのモノにしか見えないから、捨てられること。

敵を欺くには、裏まで考えることだと。。。強みと弱みは、常に含んでいる。効果的に使ってみる。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。