「わんとぴ」をはじめて、「面白いじゃん!」とTwitterに目覚めたの巻

わんとぴ」がはじまって、一週間くらいです。「わんとぴ」とは、Twitterを使って短いコメント付きで各分野の方々が配信する「新しい試み」です。

私の担当は「セキュリティ」です。って、それしか出来ません(笑) セキュリティバカなので。。。バカセキュリティにならないように気をつけたいと思っています(自爆)

Twitterの個人アカウントもあるのですが、どうも「つぶやく」時に考えてしまう。。。ので、ほとんど「つぶやいて」いません。

Twitterにスパム通知機能があるなら、「強制つぶやけ!」通知があってもいいのでは(自爆)

なんて書きましたが、これは自虐的なものでした。

で。。。「わんとぴ」をはじめてから、気づいたのです。「面白いじゃん!」と・・・(笑) 遅すぎた春とでも言うのでしょうか?

セキュリティネタの収集が「今まで十分」と思っていたのですが、不十分でした。

Googleのリーダー
に必要なキーワードのアラートとRSS系を強化しました。Googleの凄いところは、その早さです。自分で「つぶやいた」ものが一番わかりやすいのですが、さっきのが、もうリーダーに反映されている。自分の「つぶやき」を追い掛けている訳じゃないのですが、設定したキーワードが重複するので、それに引っかかるようです。う〜ん、恐るべしGoogle。

ここから気に入ったネタをチョイスするのですが、ブログに書くには「短いもの」や「深追いするまでもないもの」など、今までだったら、ブログと情報収集だけに使っていたので追い掛けなかったでしょう。それらネタの幅が広がったのです。

Twitterの制約である140文字で書ききれないことも多くあります。引用部分が多くあったりするからです。

が、「そうそう!」とか、「ふーん。。。」、「へぇ〜」と思うものが多くあるのです。

この情報収集、新たな気づきになる情報が多くあります。ちょっとした時間にiPhoneを使ってリーダーを読んでマークをつけておきます。後でPCから投稿します。如何に知らないことが多いことだと。。。勉強になります。ありがとうございます。

この「わんとぴ」が、自分自身の備忘録的な使い方になったり、ネタ収集でブログに書きたいことが見つかったりと、情報収集が十分に整ったのです。何事もやってみないとわからないものですね。

やっぱりこれって、やる側が「面白い!」と思っているから、「面白いもの」になっていくのだと実感してます。

1つ気になることは、ネタ収集の「焦点」があっているか?って部分です。どうしても、ネタ収集に自分のフィルターがかかるので、自身ではわからないことが多くあるものなのです。

是非とも、応援して下さい。また、この辺に「焦点」を当てて!と、ご指導ください。気にしていれば、繋がる引き出しは多く持っているつもりなので、まったく違うアウトプットが出てくるかもしれません。と、期待を込めて。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。