【中小企業向け】情報セキュリティ関連誓約書パッケージ

最近問い合わせが多くなってきた「情報セキュリティ関連の誓約書」をテンプレート形式でパッケージ販売いたします。

何からはじめればいいのか、よくわからない?

近年は「情報セキュリティ対策」に関する取り決めや誓約等が、取引条件に入ってきました。

情報セキュリティ基本方針社内「情報セキュリティ体制」の構築

従来は個別に対応しておりましたが、簡単なテンプレート形式で導入出来るものとして、一般的なパッケージに組み直しました。

基本的な使い方は、以下のテンプレートに「社名・住所・日付」を入れれば、すぐにご使用頂けます。

情報セキュリティ関連誓約書パッケージ

6種類のテンプレート

1.情報セキュリティ基本方針

2.プライバシーポリシー(Web用)

3.機密保持誓約書(入社時)
4.機密保持誓約書(在職中)
5.機密保持誓約書(退職時)

6.秘密保持契約書(企業間取引)

実践編:(基本指針に準拠した簡易教材)

7.情報セキュリティ簡易教材(A4版8ページ

1.知っておきたい情報セキュリティの重要性と価値
(1)情報セキュリティとは?
(2)企業を取り巻く環境の変化
(3)取引先からも情報セキュリティの要求
(4)情報の価値は自分ではわからない
(5)個人情報とプライバシー
2.日常の行動に潜むリスク
(1)PCのリスク
メール、
Web、ウィルス対策、パスワード設定、廃棄
(2)オフィスのリスク
裏紙、プリント、コピー・FAX、誤○○、ゴミ
(3)外出先でのリスク 
会話、居眠り、車上狙い、家、
Wi-Fi(無線LAN)、すみません攻撃
3.すぐに使えるパスワードの作り方
(1)キーパッドの場合
(2)
Android等の「指リストパターン」の場合
(3)キーボードの場合

■ 詳細はこちらへ

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

何をどこからどのようにすれば?との質問が多くあります

リモートワーク担当者支援パック

急激な社会環境変化により従来の概念や方法では解決できないことが多くなりました。

従来の業務は会社の中で行う → モバイルを活用して場所と時間の制約が無くなった → 自宅などの会社以外の場所で通常と同じレベルの作業が求められる(現状のリモートワーク)

労働・雇用環境の変化に応じて基準となる「就業規則」も変えなければなりません。同時に業務を進めるために「最低限のセキュリティ」も確保しなければなりません。

しかし教育も体制もない中、どのように進めればいいのでしょうか?と問合せが増えています。