本当の監視カメラとは「瞬きしてジロジロ」見るのが抑止効果あるのかもしれない

カテゴリーはWebカメラのようですが、何ともイヤらしいです。「Eyecam(アイカム)」って名前も良いですね。眉毛付きって… こういうの好きです。

常に見られていることを意識したい。そんなあなたのための人の目型WEBカメラ(眉毛付き)

1984(小説)の映像版で見たテレスクリーンでみたイメージそのものです。実際にこういうのがあるのを見ると、更にゾクゾクしますw

抑止効果として考えた場合

やはり見られていると意識させられるものや、見たこともあると思いますが、こういうステッカーです。

引用:https://www.bouhan.metro.tokyo.lg.jp/01_security/02_community/patrol_sticker.html

眼力のようなもので、何か後ろめたいこと等に抑止効果は高いと思います。

そもそも、セキュリティで考えた時に防止なんて出来ないし、防止のために本来業務なんかが滞るようなことが普通にあったりするので、抑止という考え方が必要と思っています。

以前の記事:

アップルの情報管理統制に学ぶ、抑止効果は神の存在に似ていた

抑止で防止はできませんが、防止よりは「心理的」に影響する抑止セキュリティ思考

セキュリティな思考

自身でセキュリティを意識し続けることが出来れば、もう何も必要ありません。意識はしているつもりでも、続けることの難しさは知っていると思います。

 1.強制的に意識する機会を与える

   常に見られているというイヤらしさです。

 2.続けるしかない環境を作る

   ジロジロ見ているというイヤらしさです。

 3.戦闘意識を無くす

   悪いことしてなければ、お約束のルールに沿った方が楽です。

一つの結論として、自分だったら「こういうの絶対にイヤだよね」というアプローチだと考えます。だってイヤでしょw 

100%防ぐなんて出来ないなら、より100%に近い結果が出るようなことをする。そんなのも抑止と思うのですよ。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

何をどこからどのようにすれば?との質問が多くあります

リモートワーク担当者支援パック

急激な社会環境変化により従来の概念や方法では解決できないことが多くなりました。

従来の業務は会社の中で行う → モバイルを活用して場所と時間の制約が無くなった → 自宅などの会社以外の場所で通常と同じレベルの作業が求められる(現状のリモートワーク)

労働・雇用環境の変化に応じて基準となる「就業規則」も変えなければなりません。同時に業務を進めるために「最低限のセキュリティ」も確保しなければなりません。

しかし教育も体制もない中、どのように進めればいいのでしょうか?と問合せが増えています。