ダ・ヴィンチ・コードのDVD販促でまたもGoogle Earth利用CNET Japanより

グーグルとソニー・ピクチャーズエンタテインメントはこのほど、無料3Dソフト「Google Earth」を利用したDVD販売の共同キャンペーンを開始した。同様の取り組みは米国ですでに展開 済み。米国の事例を踏まえ、国内で利用促進活動を強化しているGoogle Earthを用いた。

グーグルは9月14日にGoogle Earthの日本版を始めたばかり。世界中の地理空間情報をリアルに閲覧できるグーグルアースは、ネット利用者が映画の世界観を体感するのに適しており、利用促進につながると判断した。

とても面白い試みで、今後もっと普及すれば良い。

Google Earthで見る視界は、普通じゃ見られない。

まるで鳥にでもなったような感じがする。カーナビのバードミューのように、見ることが出来る。

ダ・ヴィンチと言えば、鳥とか飛行ってキーワードも一方であり、まさに彼は天才だった。

このGoogle Earthは、飛行機の窓から見れる景色よりも、自由自在にViewポイントを変えられる所が面白い!

自分の家を上から見たり、バーチャル海外旅行まで出来てしまう。

動きがまるで生きているかのような、何とも言えない生態系みたいだ。

何かの本で読んだ事があった。アメリカでの話だったと思う。友人の家に遊びに行く前に、Google Earthでプールの様子を見たって話。カバーを掛けてあるか?そこまで見れる。

もちろんリアルタイムのものではないが、これが無料で使える。有料のサービスもあった。詳しいサービス内容は知らない。

別にこれで悪いことをしようとは考えていないが、いろんな事が出来そうだ。

Google Earth

元々は、軍事目的のものだが、日銭を稼ぐために解放していたらしい。今はどうか知らないが…

過去記事でも書いたが、監視カメラの地球版のような感じすらする。

街頭にある監視カメラのように、顔まで鮮明に見える訳ではないが、ある意味充分なレベル。

元々が軍事で使われていたもの、これはインターネットも同様。

この民間利用出来るってことは、軍事レベルは遙かに高いのだろう。

そう考えると怖いこと。軍事レベルの画像精度は相当高いとしか。。。

想像の域を超えられない。

空から衛星で撮っている訳だから、雨が降ってない日でも大きな傘を差して街を歩かないと、真上から見られてしまう。

私も最近長い友達である髪が、短い友達になりつつある。

自分でもまともに見たことがない、自分のてっぺんを見られていると考えると、あまり好きでない帽子でも被るしかないのだろうか(笑)

エスカレータの下りなんかで、前に立った人を見るくらいが自分にでも出来る最大限のGoogle Earth。

最近の凶悪な事件でも、監視カメラによって犯人が捕まったり、街頭のカメラで犯罪が減った話もよく聞くこと。

自分から見られる場所のものに撮られるのであれば、まだ撮られている自分も相手(カメラ)がわかるから、安心って感じだ。

もちろん、悪いことをするつもりはない。

音楽室のベートーベンが、いつも自分を見ているような感じがしていた。昔の話。

これは簡単な事で、自分がベートーベンを見ているから教室のどこに行っても目が合ってしまう。不気味な感じすら当時はした(笑)

それが見えない程の高さから撮られている。天体望遠鏡でも使えば見れるのだろうか?見たからって、だからどうした?ってことだが・・・

子供のころに、悪いことをすると神様が見ているのだ!とよく言われたものだ。

Googleは、やはり神になっていくのか?

新興宗教Google教これはパロディだが、決して笑えない時代が来るのかもしれない。

とりあえず、明日から帽子を被ることにしようと決意した(笑)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。