中国地方で個人情報入り架空請求の携帯メールが多発、総務省が注意:INTERNET Watchより

総務省は10日、個人情報が掲載された携帯電話向けの架空請求メールが中国地方を中心に出回っているとして注意を呼びかけた。4月以降、総務省中国総合通信局(広島市)や中国地方各県の消費生活センターなどに苦情・相談が多く寄せられているという。

架空請求メールには、受信者の携帯電話番号と名前が記載され、「至急連絡お願いいたします。退会処理をなされていない場合は、年会費6万円の請求となります。」として、メールまたは電話で“退会処理”のために連絡するように促す。この架空請求メールは、Eメールおよびショートメッセージサービス(SMS)の2通りで配信されているという。

総務省では、悪質な業者が、何らかの手段で取得した個人情報をもとに架空請求メールを送りつけていると指摘。架空請求メール内に携帯電話番号と氏名を記載することにより、受信者の不安を駆り立てる狙いがあるとしている。架空請求メールの受信者に対しては、「不用意に連絡せず、身に覚えがなければ支払う義務はない」として注意を促している。

総務省のプレスリリース

エリアマーケティングなのか?

段々とイヤな時代になってきていることは間違いないようだ。

数年前の話。以前にも書いたが、コンピュータウィルスの話をしているときに・・・

最近は三多摩地区でも被害が拡大している・・・

(・_・)……ン?

ビックリしてしまった。コンピュータウィルスが特定の地域だけで感染するのか?

話した方の単なる勘違いだった事に気づくのに5秒くらいかかってしまった(笑)

携帯に送られるチェーンメールも、パソコンに来るメールよりも身近に感じる分だけイヤ度も増してくる。感じ悪いのだ。

この件でとても気になることが1つだけある。

内容も、手口も、従来からあったもの。

しかし、特定の地域だけで発生し、携帯番号とメアドが記載されている。総務省のページにイメージのPDFがある。

エリアは特定された訳で、通信キャリアとか、会員カードとかの、着信者に共通するものさえ見つかれば、情報ソースがわかるのではないだろうか?

PDFには住所まで書いてあったが、実際に見ていないからわからない。

もし住所までが、番号とメアドと名前とすべてビンゴしていれば、それもソースのヒントになるだろう。

RFIDなどの無線タグでプライバシーが**って話もあるが、ここまでターゲットが絞り込まれると、共通するものが知りたくなってくる。

以前にWinnyのようなP2Pファイル交換ソフト上で見たことがある。アダルトグッズの購入者リスト。新聞沙汰にはならなかったようだが、漏洩だったのだ。

こんなリストを使って、出会い系サイトのメールを無差別にでも送ればヒットする確立は高くなるだろう。

少なくとも上記リストで”健康に良い黒酢”のメールを送ってもヒット率は上がらないだろう。逆に健康に気をつかっている人に、美味しいけれど高カロリーな洋菓子などのコレステロール満載!な商品はうけないだろう。

今回のは架空請求の詐欺メールだったが、特定のエリアに住む人で、あと数個のターゲットデータがあれば、マーケティングには有効かもしれない。ヒット率が高くなるからだ。

しかし、その情報を正当な手段で入手していなければ、個人情報保護などにも抵触してくるので、使いたくても使えないのが現状。

だから、まともでないこんな使われ方をされてしまうのかもしれない。そもそも架空請求で詐欺だからだ。

やはり気になるのは、この情報って元は何だったのか?少なくともこの地域に関連するのは間違いない(笑)実際に送られているのだから・・・

今後も他の地域で同じような事が発生すれば、全国規模のソースかもしれない。

メールを受信してしまう側は、覚えがなければ対応しないしか方法はないだろう。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。