こんな私でも情報セキュリティに携わる端っこにいる。

パスワードの大切さもよく解っているつもりだ。

最近では、文字だけでないパスワードのようなものまである。写真の組み合わせだったり、人名の組み合わせだったりと、いろんな組み合わせで一致させる。パスワードは名前の通り、文字の組み合わせだから、解りやすい文字や頭文字の組み合わせがよく使われる。だから、パスワードを解析する辞書には普通の辞書のような文字が並ぶ。アニメキャラクターの辞書ってのもあるくらいなのだ。

不規則な文字列は覚えられないので使われ難いが、パスワードの強度としては強くなる。

人間が覚えられるパスワードの文字数は、脳科学的には7?8文字が限界らしい。不規則でない文字であれば、それ以上も楽に覚えられるだろう。私はそうしている。

では、何種類のパスワードを使うだろうか?10も20も使っている人がいるのだろうか?

もちろん、職種によってはそれ以上も必要で、パスワード管理ツールなどで管理しているだろう。

ここでは、自分の記憶で覚えられる話をしている。

通常の範囲は何とも不明確だが、私は数個のパスワードを忘れない組み合わせで利用している。

そんなものではないだろうか?現実問題としては・・・

最近、私自身が体験した信じられない出来事。

とあるパソコンメーカーの話。

経緯は***が***して***だったのだ。詳しく書けないとこは勘弁してほしい。

パソコンには電源を入れた起動時に、パスワードの設定ができる。また起動直後のパソコンのハードウェア設定画面(BIOS)に入るために、パスワードの設定も出来るものもある。

色々とあり、メーカーとのやりとりでパソコンを戻したのだ。

忘れた頃に連絡があったのが最近。その連絡内容は、BIOSのパスワードを教えてくれ!だったのだ。

起動時のパスワードは解除した覚えがあるが、BIOSのパスワードを解除したかの覚えがない。

でもパスワードが掛かってるらしいから、そうなのだろう。

何が信じられないかって、パスワードを電話で聞き出そうとする”その行為”だ。

ソーシャルエンジニアリングとまでは言わないが、同じようなこと。

10年前なら、プロバイダーに電話連絡してその場でパスワードを教えてくれた時代もあった。

ほとんどがプロバイダーの設定したパスワードで、自分で決めたわけではない。

しかし今時は、こんなことも簡単にできない。こんな場合は郵送で送られた書類に面倒なやりとりをした後に、書面にてパスワードが送られてくる。当たり前のこと。面倒ではあるが・・・

BIOSに使っているパスワードも、ほかで使っているパスワードの一部だ。先に書いたとおり、そんなに記憶出来るものではないからだ。

これを、電話口で簡単に答えるほど甘くはないのだ。情報セキュリティに携わる端っこにもいる以上は。

このメーカーの質問は、初対面の相手に対して”今日のパンツは何色だ?”と聞いているのと変わらない。

あくまでもお願い事だから、同意の上で教えてくれ!と、訳のわからない理由を連発していた。

もしも、その理屈が通るのであれば、同意の上でパンツの色を聞くのか?同意しないから教えない?

そもそも、同意以前の問題ではないだろうか?聞いてみなきゃ解らないのだろうか?

とりあえず、聞いてみるのだろうか?駄目もとで・・・

メーカーは、個人情報の関係もあり聞いても厳重な管理の下に・・・と言っていた。

パスワードは、個人情報の枠を超えたプライバシー相当に該当するものと私は考える。

そこまで言うならば、電話で教えても良いと言ったのだ。そんなに引っ張るような話ではないが、”その行為”があまりにも常識を外れたことだったからだ。

ここで、聞いてしまう責任ってのがあることを忘れてはならない。相手が聞きたくもないのに、私が一方的に言うこともできる。例えば、”私は殺人をしてしまった”と。もちろんしたことはないが、聞いてしまった相手はどうだろうか?

一方的に聞かされてしまうこともあるのだ。

同意の上で聞くのであれば、聞く責任をもっと考えるべき。もしも何かあった場合には、そんなもの知っている人は限定されるのだから、トラブルに巻き込まれるリスクは避けられない。

**情報って個人も含め、教える側にも、聞く側にも、双方に責任が生じることを改めて認識していただきたい。

引き続き、この件は追いかけることにする。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。