昨年末、わずか2日間で年間TOPになったウィルスとは?

年末2日間でトップに立ったウイルスとはITmediaエンタープライズより

ソフォスは、2006年12月の「月間トップ10ウイルス」を発表した。W32/Drefが発見からわずか2日間で急速に拡散した。

順位 ウイルス名 割合

1 W32/Dref 35.2%

2 W32/Netsky 22.2%

3 W32/Mytob 10.7%

4 W32/Stratio 7.8%

5 W32/Bagle 5.2%

6 W32/Zafi 4.8%

7 W32/MyDoom 3.3%

8 W32/Sality 2.8%

9 W32/Nyxem 1.3%

10 W32/StraDl 0.9%

- その他 5.8%

同社では、「年末年始休暇明けの膨大なメールをチェックする際に感染してしまうという危険もあり、今後さらなる被害の拡大が懸念される」と呼びかけている。

新年あけましておめでとうございます。

今年もBlogを通じて情報セキュリティの役に立つような事を書いていきたいとおもっています。どうぞよろしくお願いいたします。

で・・・

年明け早々ですがウィルスの話題。年末から久しぶりに届いたメールはウィルスを検知した報告メール。

この手のメールは最近お目にかかってなかったが、数十通届いた!

予感はしていたが、そのメールのウィルスは上記のメールだった。

先日も書いたが、

恒例!年末年始のセキュリティのお約束JPCERT/CCより

メールで感染の多いウィルスの出来る事だけの対策だ。

連休明けから仕事が本格的に始まる企業が多いと思うが、これだけは最低限確認してもらいたい。

2日間で年間TOPになれるってことは、単純計算をすれば180倍の濃さになる。

180倍の濃縮されたものは農薬くらいしかないようだが、双眼鏡の場合だと月面の観測もくっきり見えるらしい。

自動車業界だと、GM・トヨタ・フォードの3社で36.2%のシェアを持つようだ。

この35%は半端なく大きな数字である。

この休み明けの仕事前には、是非確認してもらいたい。

大きな問題になる前に・・・

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。