データ漏えいとID盗難の意外な関係?

データ漏えいとID盗難の意外な関係–米調査ITpro より

結論から言うと、データの漏えいが原因でID盗難につながる可能性は低いとのこと。

これで終了!って感じだ(笑)

しかし、本当だろうか?どうもすべてを疑って見てしまう癖がある。

良いときもあれば、そうでない時もあるが・・・

漏えいが引き起こす事件がトリガーとなり、直接的にID盗難に発展しなかっただけだろう。

面白いことがあり、それを見た瞬間も笑うが、後で思い出し笑いをしたことはないだろうか?

電車のなかや、街中を歩いている時などは、やめた方がいい。不気味に思われるだけ(笑)

たまにやってしまうのだが・・・

そんな話ではない。間接的な問題を洗い出すには相当の手間がかかるモノだ。

特に上記のような場合だと。

では、

1.データ漏えいでID盗難の可能性は低い

2.ID盗難は、直接的な被害が大きい

3.じゃあデータ漏えいしても大丈夫?

ちょっと無理があるかもしれないが・・・

間接的に起きている問題は大きいのだ。

ブログなんかが良い例だろう。直接的に書かれていないことが多くあるが、周辺情報から推測できる内容は結構ある。

書き手は読み手のことを考えて書いているだろう。そして出来るだけわかるように書いている。

ようは、直接的な実名こそ出さないが、間接的な誰かがわかる書き込みは多いのだ。

それがどうなるのだろうか?

だからどうした?って話ではないだろう。

時には些細なことがプライバシーに関わり、それを超えてしまうことが多いのだ。

インターネットのこわいところは、一度出てしまうと戻しようがないってとこ。

それは、データ漏えいでも、ブログの書き込みでも同じこと。

デジタルアーカイブで残るし、なくなってしまうものと思えば、その場で保存するものだ。

直接な関係がなくとも、間接に関係があれば同じこと。より紐付けされた情報は濃くなっていく。

もう少し、私もこの分野をプロファイルしてみたい。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。