今度は「3Dスパム」、その次は4Dスパム?

「3Dスパム」をセキュリティ企業が報告ITmedia エンタープライズより

スパムフィルターを避けるためにテキスト入りの画像を使う手口は以前からあるが、ここ数日、3D風の画像スパムが増えてきたとセキュリティ企業F-Secureが報告した。

このスパムは、画像内のテキストを擬似3Dレイアウトでレンダリングしている。このような画像の生成は、通常の画像スパムよりもコンピュータの処理能力を要するが、スパマーは巨大なボットネットの処理能力を利用できるとF-Secureは指摘している。

敵もがんばっている。努力は感じるが、迷惑そのものだ。

文字でくるSPAMも煩わしいが、画像でくるものは容量が文字よりも多くなるので、余計に無駄が増える。

無駄なものは、公共インフラ化したインターネット回線の負荷、届いてしまう受信者のハードディスク容量の負荷、それを削除するために費やす時間の負担だ。

SPAMのおかげで、大切なメールが埋もれることや、それを受信しないと次のメールが読めない負担・・・

特に外出先などで、高速通信の出来ないモバイル端末だと尚更その負担は大きくなる。

どうにかして届けたいことも解らなくもないが、無差別に送ってくるものはフィルターを通さないと選別できない。

単なる画像から、3Dにするってどんな意味があるのだろう?作るのにも手間が掛かるだろうし・・・

3Dだと格好いいからなのか?そんなことはないだろう。斜めだといいのか?そんなこともないだろう。

麻雀牌の7ピンなどは、あの斜めの3つが格好いいと思う。麻雀牌のデザインをした人はセンス抜群だと思う。

で・・・

3Dがあれば、今度は4Dか?

4DのSPAMってどんなものだろうか?

江原さんとか、美輪さんが出てきてしまうのだろうか?4Dっていうと、ボキャブラリーの少ない私はこの程度しか浮かばない(笑)

浮遊するSPAMとか、ささやくSPAMとか・・・

こんな4Dもあるのだろうけど、時間を超えた4DのSPAMってのは、どうなるのだろうか?

昔のSPAMがくる分には、古いことで済むだろう。

未来のSPAMが来たらどうなるのだろうか?そもそも未来のSPAMってなんだろう?

やっぱ、ここは江原さんと美輪さんに登場してもらわないと解決しそうにない(笑)

話を戻して3Dだと、パソコンの画面から飛び出す3Dとか・・・

これは単なる破壊にしかならない(爆)SPAMを受信して画面が破壊されたら。。。困る。当たり前だ。

何とも話が締まらないが、どうにかして創意工夫をしていくことだけは間違いなさそうだ。

楽しく見ていきたいところだが、迷惑な事には変わりない。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。