セキュリティ投資すごろく・・・FromNTT西日本

ネットサーフィンをしていたら、偶然見つけた。

セキュリティ投資すごろく

10分でわかる!あなたのセキュリティ投資センス

で、遊んでみた。結構よく出来ている。

2500万の予算を、セキュリティ対策のカテゴリーごとに分配投資する。カテゴリーすべてに投資できないので、どこを削るか?考えなければならないのだ。

3回ゲームをした。対戦相手には、3回とも勝った!社長賞まで頂いた。ゲームに負けるわけにはいかなかった(笑)

人的対策を行っている私としては、一部に???って部分もあったが、体感しなければわからないことが多く、そもそもセキュリティって何?ってとこが、上手く表現できている。すばらしい!

以前に、内部統制のすごろくを頂いたことがある。これも良くできていた。なんでも現場の声から作られたものらしい。。。現場に即しているからこそ、出来も良くなるのだろう。

ゲームや遊びと、馬鹿に出来ないのである。身近なところから通じて、感覚がわかるものは多くある。

車の運転なんかは、感覚そのものだ。道交法は講義を受け、教本を読む。自動車の運転は理屈よりも、体感する感覚になる。 

最近は運転も大人しくなってきたが、、昔はそうでもなかった(笑)

一番恐かったのは、幅寄せしたら、逆に相手が寄ってきたこと。相手は幅寄せされた感覚すらなく、普通に前だけを向いてまっすぐに走っていた。ふらついていることすら解ってなかった。

感覚が違うことが、これほど恐ろしいとは。。。当時思った。

シミュレーションが一番!ってこと。疑似体験を通して、そこから感覚を掴むことが、もっとも大切である。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。