本物「ウォークマン」歩きながら充電

NTT「歩行発電」試作機 靴でケータイ充電に道:CNET Japanより

NTTは16日、小型の発電機を装着した靴を履いて歩くことで、携帯電話などに必要な電力を供給できる「歩行発電」の試作機を開発したことを明らかにした。今後は高出力化や小型化を進め、2010年にも実用化につなげる。価格は通常の靴に数千円上乗せする程度にする。

試作機は、スポーツ用サンダルをベースに、つま先とかかとの靴敷きの下に水が入ったタンクを装備。歩く際の体重移動でタンクが踏みつけられ、タンク間をつないだパイプを流れる水がタービンを回転させて発電する仕組み。発電した電気は、携帯機器に有線でつなぐか、電池に蓄電して利用する。

現在の出力は「歩いている限り(携帯音楽プレーヤーの)iPodが切れることはない」(NTT環境エネルギー研究所)程度。実用化までに出力を倍増させ、電気をiPodの2倍消費する携帯電話で通話できる水準まで改良する考えだ。

試作機は現在、発電機などが靴から飛び出ている。靴底に内蔵や装着ができるよう発電機をタービンと一体化して小型化する必要がある。

材料を曲げると発電する「圧電素子」を駅の改札口の床に埋めて発電する方法も研究されているが、あまり大きなエネルギーは得られないという。

タービンを回転させる今回の方式は10倍以上の電力量が期待できる。

すごい時代になったものです。歩きながら充電出来るのですから・・・

駅の改札で実験的にあったことを、思い出しました。それでも新宿駅などは1日に300万人くらいの人が利用するのですから、単位はわかりませんが—それなりのエネルギーは出来るのでしょう。

これが自給自足で電気を作るのですから・・・メタボ対策にも有効かもしれません。万歩計で歩いた距離を計るよりも、自分の使う電力を自分で作る。目に見える感じですね。電気使うならば歩け!って、身体にも環境にも、エコな感じで良いです。

で・・・これって、もちろん靴からケーブルが出ていて繋ぐのでしょうが、

またもやバカな疑問が浮かんでしまいました。

感電しないのか?

そういうレベルの話では「ない」と思うのですが、靴底に入っているのですから、何かの間違いで。。。そんな事は「ない」と思います(自爆)

これが実用化レベルまでになれば、厚底ブーツやシークレットシューズなどの「靴底」が大きいモノには、蓄電できそうですね。

しかし、蓄電するようになると靴がさらに重たくなるので、安全靴よりも重たくなるのでしょうか?先のメタボ対策などには、さらに有効かもしれません。歩く度に「重い靴」を上げ下げするのですから(笑)

でも、あまりにも重すぎると、歩くというよりも引きずるような歩き方になり、発電すらできなくなってしまいます(笑)

つまらない心配をするよりも、実用化に期待します!

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。