最近、迷惑メールに添付(圧縮)されたウィルスが多い気がします

ここ1ヶ月くらいウィルス添付されたメールが多い気がします。

もちろん開かないですし、 その前にソフトが対処してくれるので、それ頼りです。

設定の仕方なのですが、度々ウィルスの報告が受信中にポップアップしてきます。「する」設定にしておかないと、見落としてしまうのでしょうがないです。

ウィルス対策ソフトがないと、とてもインターネットに繋げられない時代を感じます。

しかし、迷惑メール自体が「迷惑」 なのですが、さらに「おみやげ」まで付けてくるのは、どんなものでしょう?手ぶらじゃ行けないのは、メールの世界でも同じなのでしょうか(笑)

この添付ウィルス、ポップアップもウザイのですが、スキャンがかかる時にPCに負荷がかかります。

最近、PCの動作が重いので(理由はあるのですが。。。)余計に気になります。

Firefoxで50個もタブを開いているからでしょうか(笑)。。。どうもタブのブラウザだと開いた状態にしておいたほうが便利なので、ついつい増えてしまって・・・

考えて見れば、IE6ならば50個ものウィンドウを開かないですよね。こんなに開くのは「ブラウザクラッシャー」と同じですから、firefoxでも負荷がかかって当然ですよね。

メールサーバのウィルスチェックを通り過ぎるものもあり、結局は末端のクライアントPCの水際で防ぐしかないです。迷惑メールのフィルターも以前に重要なメールが捕らえられてしまい、それ以降すべて受信するようにしています。

だから、よりキャッチされる機会が多いのでしょう。これ思いっきり開くと、一気に逝っちゃうでしょう(笑)

・・・何か効率の良い方法ないですかね?

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。