街頭監視カメラの情報量が多すぎる?(英国の場合)

 世界的にも、街頭監視カメラが普及している英国です。が、データが多すぎて処理しきれないようです。

 「データが膨大で手が回らない」–監視カメラ大国の英国で警察が悲鳴CNET Japanより

ナンバープレート認識システムは、光学式文字認識(OCR)を使って車のナンバープレートのデジタル画像を文字に変換し、この文字をリスト化すると
いうものだ。この技術は、不審者追跡の支援を目的の1つとして導入されたが、Readhead氏によると、警察は利用できる情報がたくさんありすぎる状況
だという。

英国には、約400万台の監視カメラが稼働中といわれている。

保守党の「影の内閣」で内務相を務めるDominic Grieve氏は、犯罪対策ツールとしての監視カメラの効力は明確ではなく、警察による監視カメラの利用はリソース不足が障害となっていると述べている。

 400万台ものカメラがあるのも凄いことです。台数と範囲がわからないので、なんともですが、少なくとも日本よりは広範囲に記録出来ているのでしょう。これは間違いと。

じゃあ、管理?見ることが可能なカメラの所有すべてが、国の管理下にあるとは思えません。民間のものも含まれているのでしょうか?

この情報量が多すぎて手が回らない現状もあるのでしょう。が、データがなければ、そもそものトレースも記録も何も出来ません。

監視カメラを設置することでは、犯罪は防止できません。抑止or記録、リアルタイムのトレースでしょう。それでも十分な効果をあげていると思うのです。

仮に監視カメラの領域を人的にカバーするとなれば、ほぼ無理でしょう。コストも管理も莫大なものになりますし、記録は記憶を辿らなければなりません。

折角の抑止効果が、こんな正式な発表をしては、意味がなくなってしまうと思うのです。

いつ、どこで、だれに、なにを。。。見られているか・・・わからないところに、抑止効果が発揮されるのです。抑止とはそんなものです。

が、こんなリリースを警察が出す?って、

何かの意図があるとしか思えません。本当にこれに意図がなかったとすれば・・・

得体が知れない、なんだかわからない、この含みの部分が大切だと思うのです。。。けど。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。