Twitter のオフラインイベントに参加して、ハマコー先生の直筆サイン本をゲットしただう!

先週、後藤たくひろさん(@gototakuhiro)主催のSocial Web2.0 Party~たくひろナイトVpl.3に参加してきました。

Twitterのオフラインイベントは2回目です。前回は今泉さん主催の【立ち飲みイベントの告知】Twitter起業研究ナイト 3/18夜・赤坂です。

わんとぴでは、色々とつぶやいているのですが、個人アカウントではほとんどつぶやいてませんでした。ここがセキュリティバカなところです。色々と考えてしまうと・・・つぶやけない。。。と。しかし、そんなことはないことに気がつきました(笑)

使い方によっては、RSSでニュースを見るよりも便利だったり、同じ場所でつぶやけたりと、死語になりつつある?マッシュアップだなぁ、と今更ながら気がついたり。

オフラインイベントでは、色々な方々に直接会えるので、新しい発見が多くあります。改めて自身の見識の狭さを感じております。 やはりフェースtoフェースのコミュニケーションは良いです。

team-DAU」なる、「だう」のハマコー先生から本の差し入れがあり、じゃんけん大会で見事勝てました。普段、じゃんけんは弱いのですが、欲しい!との気合いでゲットしました(笑) 直筆サイン入りは滅多にないだう(無理に使うと無理がある)

?ハマコー先生の本.jpg

直筆のサイン入りです。これは大切にしないと。。。

ハマコー先生サイン.jpg

まだ読んでませんが、目次や中身をちょっと見ると、ゼロから政治を勉強できそうな入門書のようです。せっかくの機会を頂いたので、もう一度勉強してみます。

今後も積極的にオフラインイベントに参加して行きたいと思った次第。

Twitterアカウントhttp://twitter.com/niikura

わんとぴセキュリティもフォロー下さい。http://twitter.com/security_1topi/

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。