Googleは「どこへ向かっているのだろう?」と改めて思った(動画)

インターネット上の情報を一極集中することと、それを私たち利用者も便利に使わせてもらっています。民間企業でありながら超巨大化したGoogleです。これからどこへ向かうのだろう?と改めて思いました。


Googleはあなたの全てが知りたい(動画)
GIZMODO JAPANより

Google:グーグル

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=R7yfV6RzE30&feature=player_embedded]

名詞から動詞へ → みんな大好き世界のサーチエンジン → 毎日1億もの検索 → 45万台ものサーバー → intelのCEO Andy Grove氏曰く200億ドルの市場価値があるそう → 過去9年間で30社を買収187 の特許を申請 → 去年はベンチャーキャピタルローンを開始し、ソフトウェア・クリーンテクノロジー・バイオテクノロジー・ヘルスケアの分野にも進出 → 電話・E-mail・コンピューター、むしろ全てのデジタルライフに関連 → ケーブルだって、もともとの供給元の電力だって自分達の手にしたいくらい! → エンターテイメントもニュースも情報源は全てここに → 位置情報だってすぐそこから火星まで → Navifenicsと23andMeに出資することであなたのDNAまで → Buzzによってあなたの友達関係まで → これによって訴訟問題も → 訴訟問題と言えばこれだけじゃなくGoole MapやGoogle Earthでも → 2ヶ月ほど前、GoogleのCEO Eric Schmidt氏は「誰かに知られたくないことなら、そんなのたぶん初めからしなければいいのに」と発言。

なんでGoogleはそんなにみんなのことを知りたいの?

Googleは広告ビジネスだ。収入の97%は広告からきている。あなたが誰でどこにいて何が好きか知りたい、そしたらあなたをターゲットにすることができるからだ。

う〜ん。なるほど。。。インターネットだけじゃなかったのね。

私も便利にGoogleを使って(使わせていただいている)利用者です。別に嫌いな訳じゃありません(笑)

例えば、従来であれば「嫌なもの」は使わなければイイだけでした。が、今どきは「嫌い」であっても、状況は変わりました。

もう笑い話になってしまいますが、2chで誹謗中傷があった企業の方が、「オレはインターネットを使わないし、見ない!」だから、大丈夫!って。。。

Googleを使わなくとも、Googleに情報は集まってきます。自分で何も書かなくとも、誰かが何かを書いたりしているものです。だから、そこには積み重ねのように情報が蓄積されてきます。

誰かに知られたくないことなら、そんなのたぶん初めからしなければいいのに

って、当たってます。じゃあ、何も出来ないのか?と。。。

それほどに、影響力が大きなこと、方向に向かっているような感じがしています。

そこにないものは、存在しないものになっている・・・ような。知の集合が、私たちの思考する時間や機会を少なくしているように感じています。一方で、もっとも早く入手できることが出来ています。

便利な何かを我々は「本当に得ているのか」と改めて思うのです。

過去のGoogle関連ブログ(しつこいようですが、Googleが嫌いな訳じゃありません(笑))

Google の中国閉鎖で思う、色々な立場で「大人な都合」の情報閲覧コントロール

Google がパケットをのぞき見ている?次はエシュロンか?

Google 日本語入力の予感:その2「ビジネススタイルに変化がくる」かも?編

Google に繋がらない?受信料払ってないからじゃない(笑)

やっぱり読めないグーグルのCAPTCHAが、画像に変わるようです(クネクネ解消)

Google が自社作成ガイドラインに違反をして、金を払い、ランキングを操作するマッチポンプの法則?

私の知らなかった、GoogleのブラウザーChromeにある「感じ悪い」機能

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。