NHK「ニュースウオッチ9」の空き巣とSNSについて取材を受けました

先週、11月1日の金曜日に連休前の「空き巣」に注意!との内容で、NHK「ニュースウオッチ9」 の取材を受けました。放送は同日でした。

番組の内容は、秋が最も空き巣被害が多いようで、行楽シーズン中の留守宅が狙われることが多く起きているようです。この空き巣、SNS等の書き込みから「留守」を確認し、実行している海外の事例から、国内でも警告を・・・という事でした。ちょうど3年前に書いた「Facebookの書き込みから情報を入手しTwitterで相手の行動を読む「最近の泥棒」はハイテクだ!」がきっかけだったようです。

海外の事例、イギリスでは「元窃盗団50人に調査したところ、SNSからの情報収集が78%」あり、アメリカでは「50軒で1000万円相当の被害」があったようです。
海外の事例であっても、日本との大きな違いはありません。インフラのSNSも同じですし、空き巣もいます。もし違いがあるとすれば、安全日本の中で薄れている危機意識くらいでしょうか。

今回コメントしたのは、空き巣に入る泥棒がネタとして使うSNSの話ですが、空き巣以外にも十分活用できてしまう内容です。空き巣ならば「まず場所を決めて」から、ネット情報を収集するはずです。成果物の多い場所へ入ることが目的です。その場所へ入るための「事前情報」としてネットを使っているに過ぎません。ターゲット(場所)ありきのネット情報収集です。

しかし、同じようにターゲットを絞り込むにも、空き巣以外ならばどうでしょうか? ストーカー、人への標的型攻撃、特定の人物・・・場所から人へターゲットが変われば、収集する情報ソース(SNS)が同じであっても、使い方や断片情報の拾い方は異なると思います。

結局は、空き巣に限らず、情報収集というもっと広い視点でみれば、情報セキュリティの意識行動になります。

このブログを読まれている方々は、少なくとも「セキュリティ意識」が高いと思っています。でも、全体からすれば「ほんのごく一部」の方々でしかありません。本当に知って欲しいのは、セキュリティなんか「ほとんど意識もしていない一般の方々」です。

元ネタとなったブログも、3年前に書いたものですし、SNSからの情報収集、GPS情報、EXIFに残る位置情報など、特に新しいものではありません。そんなの知ってるよ!と言われそうな内容ですが、知らない人もいることが重要であり、広く知らしめることが必要です。

情報の価値と同じで、自身では判断が出来ないものです。株価に影響を与える情報ならば、それを知る前と知った後では、情報価値が変わります。主婦の方々ならば、スーパーの特売情報みたいなものです。

情報ってものが無形なものなので、聞いた人の立場や状況によって、その価値も随分と変わってきます。

注意喚起という視点で言えば「余計なことを話さない」としか言いようがありませんが、行楽シーズン中の楽しさを半減しそうで、何ともな感じがしています。

知った上で使いこなしているのであれば、何も問題はないのですが、それらの脅威を知らずに使い続けていることは、大変マズイ状況です。どうしても、スマホなどは手元の中で完結してしまうので、その先に繋がったインターネットを意識することもないのですが、繋がっているからこそ、出来ることも知って頂きたいです。

断片情報を組み合わせることで、断片だけでは見えてこなかった「価値のある情報」へ変化していくものです。ジグソーパズルのピースと同じです。

前回も書きましたが「セキュリティ意識を向上させる3つのポイント」のように意識することが、一番の近道と考えております。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。