七変化する「なりすましフィッシング」の簡単な見極めポイント

たまに本家本物のメールだったりすることもありますが、アヤシイのはちょっと注意していればわかるものです!と以前ならばそんなもんでしたが、最近ではやたらと煽ってきます。アカウント停止とか、盗まれただの、なんだか物騒です。

Amazon をかたるフィッシング (2018/08/27):フィッシング対策協議会

あなたのアカウントを更新
あなたのアカウントはブロックされています [日付]
[受信者の氏名] Amazonのアカウントが盗まれました。 変更してください [日付時刻]
[受信者の氏名] Amazonアカウントの有効期限が切れました。 変更してください [日付時刻]
[受信者の氏名] アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。[英数字文字列]
[受信者の氏名] 異常な活動 – アカウントを保護して下さい。[英数字文字列]
[受信者の氏名] 今すぐあなたのアカウントを確認してください。[英数字文字列]
[受信者の氏名] Amazonアカウントのサードパーティのログイン。 変更してください [英数字文字列]

こんな件名で来るようです。少なくとも、受信者の氏名とメアドがセットだから、このような表示になるのでしょうね。そんな組合せの漏洩は以前からありましたが、ここ数年、その使い方が乱暴というか雑になってきました。まぁ最初からダマシでどれだけのカモが引っかかるか?という話だから、しょうがないですね。

探してみたらあった

Amazonからは来てなかった(ネタ的にちょっと残念w)ですが、似たようなメールが[迷惑メール]ボックスにありました。Appleからのメールで上記と似たようなモノです。

 

1.Amazonメールよりも情報少ないのでしょうか?

 ⇒ メアドしかわからないのですねぇ。せめてこんにちわの後は、名前入れなきゃですね。メアドは臭いの漏れはじめ

2.何個かのフィルター経由で届いたメールなのでここをクリックからリンクが抜けてました。

 ⇒ 間違ってクリックすら出来ない(リンク先がないから)ですが、通常はクリックできるはずなので注意!
  どうしても確認したければ、右クリックでリンク先のコピーとか、ネットワーク切ってクリックするなど(よい子はダメ)

3.縦赤線の部分ですが、まずは軽く読んでみる。そこまで注意(煽る)中身を自身で確認する。

 ⇒ 普通に読んで違和感のある日本語ならばなおさらですが、文章の一部を検索で調べて見る。ヒットすれば100%臭い

こことか:アカウント情報を保護し、確認するための簡単で短い手順を完了するように依頼する必要があります

ここなど:残念ながら、私たちはユーザーを自動的に検証するために必要なすべてのステップを踏んでいますここ重要

まずは先人の知恵と検索数で確認

これ一番間違いない方法です。誰が何と言おうと、誰かが同じ経験をして残してあり、その知恵の集積が検索エンジンで調べられる。調べるって手間だけで瞬時にわかる便利さ! いまさらですが無料!

どうもこのちょっとした手間をしたがらない方や、もはやGoogleすら超えているのではないかと思うほど訳のわからない持論で進む方など…数字は取ってませんが経験的には、踏んでグチャグチャになっているケースが多い感じです。

敵はダマすために全力でくる

誰でも見ただけでわかるようなものを手間暇かけて引っかけてないし、コンマ何パーセントでも引っかかればいい訳です。自分はどっち側なのかと考えた時、ちょっとした差異を見分けられれば、そんな面倒なことに巻き込まれることもありません。日本語のおかしさを見抜くとか、検索する手間を惜しまないなどしかありません。

また、自分は誰よりも踏みやすいからちょっとした行動に注意し続けることと認識するという意識も大切です。

関連ブログ:【社会見学】せっかく詐欺サイトからメールが届いたので行ってみた

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。