【無料】パスワード作成マニュアルPDFの配付はじめました

昨今、パスワード流出に関連する事件事故が急増してきました。
パスワードの必要とされる場面は今さら言うまでもありませんが、一般的にはネット上のWebサービス、日頃使用するPCのログイン、銀行やクレジットカードの暗証番号…色々あります。

1.Webサービス、各種カード等の場合
パスワードを預けてある以上、漏れない方法のコントロールは自身では出来ません。
定期的に変更するか、推測されやすいものは使わない、使い回しをしない等々になります。

2.PCなどの自身で管理出来るもの
キッチリ管理している方々は、経験上ほんの一部という肌感覚です。前述の1と決定的に違うのは、どこにも預けておらず、自身でいくらでも管理できるものです。
しかし、かなり杜撰な管理(すらされてない)のが実態です。

・今できることは、自分で自分を守る管理方法を身に着けること
まずはパスワードの作り方をマスターすることです。覚えられないパスワードを与えられるからメモに書いてしまう。記憶できないから記録するのですが、それでは紛失リスクが何倍も多くなります。

記録も記憶もしなくとも”法則さえ覚えれば”パスワードを幾つでも何文字でも簡単に作れます。

無料でダウンロードできる資料にまとめました。
少しでもセキュリティ向上のお役に立てることを願っております。どうぞ活用してください。有り難うございました。

【無料】パスワード作成マニュアルPDF ダウンロード

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

何をどこからどのようにすれば?との質問が多くあります

リモートワーク担当者支援パック

急激な社会環境変化により従来の概念や方法では解決できないことが多くなりました。

従来の業務は会社の中で行う → モバイルを活用して場所と時間の制約が無くなった → 自宅などの会社以外の場所で通常と同じレベルの作業が求められる(現状のリモートワーク)

労働・雇用環境の変化に応じて基準となる「就業規則」も変えなければなりません。同時に業務を進めるために「最低限のセキュリティ」も確保しなければなりません。

しかし教育も体制もない中、どのように進めればいいのでしょうか?と問合せが増えています。