プリテキスティングのキーワードで多数の閲覧がある。

hpの例の事件だ。

今回は、プリティスティングついて書いてみる。

皆さんは、ミステリーショッパーって知っているだろうか?

これは飲食店や接客サービス業で利用される調査サービスだ。

例えば、飲食店本部より依頼を受けた、専門企業からミステリーショッパーが、店舗に出向き、チェック項目の通りに調査をしてくる。

新しいメニューの説明をしているか?とか、受け答えの言葉遣いはどうか?とか、トイレはキレイに掃除されているか?などなど、チェックして報告書を書くのが仕事になる。

これは、社内の調査監査部隊が動いてしまうと、意味がない。

顔がバレているし、客観的な判断がし難いからだ。

アルバイト的に趣味でやっているような、半分素人の人だからこそ出来るワザ。

店舗側の人たちも、一般客かミステリーショッパーかの区別がつなかい。だからこそ意味のある事なのだ。

これから行きますよ?なんて言ってから行っては、普段の様子が見えないのだ。

 

では、ソーシャルエンジニアリングという手法はご存じだろうか?

直訳すれば社会工学になるが、ここで言うソーシャルエンジニアリングとは、人間相手に身分を偽装したり、信用させたり、肩越しに盗み見したり、ゴミ箱を漁ったりすることを言う。

至ってローテクな手法である。ローテクだからこそ、難しいように思えるが、実は身近なところで、誰でも経験や、意識せずにやっているのである。

これにハイテクな(死語ですね)インターネットやコンピュータが絡んでくると、より大きな被害になる。分解すれば簡単な事だったりもする。

ソーシャルエンジニアリング手法の立場から考えてみる。あくまでも、この立場から・・・でないと、話がおかしくなってしまう。読んで頂ければきっと理解してもらえるだろう。

例えば、犬の散歩に行き、近所の方に”今日は、お休みですか?”なんて聞かれたり、犬が集まる公園などで、飼い主の名前も知らぬままに、犬の名前だけで人間同士のコミュニケーションを取りながら、初対面の人にも結構いろんな話をしてしまう。

これは、愛犬家(私も愛犬家の1人)の場合、犬を飼っている人に悪い人はいない!と思い、犬好きと言う共通のモノを通して、コミュニケーションをするから、そこでは人間の名前は必要ない。必要なのはワンちゃんの名前だけ。

他には、初対面の人でもサークルや、新しく転職した会社の人、自分に親切にしてくれた人などなど、初対面でもあるのに、気軽に話す。同一の枠だけで信用するからである。

しかし、電車で偶然隣に座った人や、街を歩いているときに声をかけられて、話すだろうか?

いずれも、初対面であることには違いはない。

 

別なところでは、満員電車で痴漢に間違われないように、両手でつり革を持ったりすることや、はじめていった場所で道に迷い、ウロウロしている自分が自分でもあやしく思い、妙にあやしくないような行動をとる。それ自体があやしいのだか(笑)

 

ソーシャルエンジニアリングは、こんなところから、スパイ活動のようなレベルまで幅が広い。

合コンに行けば、ちょっとだけ見栄を張り身分を偽装したり、相手を信用させるために、ビジネスの場面でも、ちょぴり大げさにモノを表現したりする。取引先の名前を出すことで、相手も信用する場合などがこれである。これは実際に取引先であっても、100円の取引しかしてなくても、**会社は、我が社の取引先です。に嘘はない。規模が若干違うだけ。

私の知り合いには、定期券の年齢が9掛けの人も多くいる(笑)

こんな程度の話であれば、まったく問題はない。

 

このレベルが大きく拡大し、そこで収集した情報を元に、他の目的で利用するために行われること。ソーシャルエンジニアリング。

この手法においては、法に触れることもある。後の扱いも同様である。

オレオレ詐欺や振り込め詐欺は、この手法をフル活用している。

用意周到に行われる。

 

プリテキスティングは、これらをフル活用し、なりすましなどで情報を入手する。

今回問題になっているのは、この部分。

完全に身分を偽装し、本人になりすまし、本来本人しか知り得ない情報を聞いてしまった。それが、なんで解ったの?を分解していけば根っこが見える。

今回は、ただそれだけのこと。しかし違法であることは言うまでもない。

決して新しい事ではなく、ある程度の準備をすれば難しいことではない。

 

一番恐いのは、これに気づかずにペラペラ喋ってしまう人の多いことだ。

わかっていれば良いのだが、知らないとその後の展開も見えないので、何でもありになってしまう。

それも自分でなく、他人の話をしてしまう事が多く見られる。

 

コミュニケーションから考えれば、ここまで書いたことはナンセンスな事。

しかし、そんなこともある事だけは、知っておきたい。

プリテキスティングもソーシャルエンジニアリングも、身近にある話で、対岸の火事ではない。米国だけの話しでもない。

 

ちなみに、一番この手法が得意な人たちがいる。

ここで書けるのは、飲み屋のお姉ちゃん位だ。プロもビックリするほどのヒアリング能力!

特殊で公的な職業の方々も得意な人たちがいる。あえて職業は書かない(笑)

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。