EeePCに「刺客」が続々登場 低価格ミニノートPC最新事情J CASTより

100ドルPCではないが、小型のミニノートが面白そうだ。欲しい。。。どれにしようか?悩みどころ。

コスト、サイズ、バッテリーのもち。。。色々と比較する項目はありそう。すべての条件が揃えば、どれかが失われる。ミニノートではなくなってしまう。用途によってトレードオフしなければならない感じ。

シンクライアント用途に100ドルPCは、最適と思っていた。しかし、価格とそこまでのスペックは合わなかった。そもそもの用途が違ったので、それは仕方ないかもしれない。

ノートPCの価格が安くなり、ユビキタスな環境はより身近になってきた。

あくまでも、入れものとしてミニノートは便利。シンクライアント用途になっても、入れものとして充分。シンクライアントであれば中身のデータは、”そこにない”はず。ミニノートのデータは”そこにある”。ココが大きな違いです。

モバイルPCは加速度的に普及している。普及すると、情報セキュリティ的言えば、漏洩の対策を考えなければ。。。

入れものは、安く小さくなっているが、”その中身”は、それと逆の方向である”大容量で重要なもの”に向かっている。

より、そのような脅威は増えてくるが。。。うーん、どれが良いかなぁ?各社早く出そろって欲しい。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサーオルタナティブ・ブログ
日々起きる目の前の「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て、考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教と密教からヒントを得るべく現在研究中。