ミニノートは、シンクライアントに最適かも?

EeePCに「刺客」が続々登場 低価格ミニノートPC最新事情J CASTより

100ドルPCではないが、小型のミニノートが面白そうだ。欲しい。。。どれにしようか?悩みどころ。

コスト、サイズ、バッテリーのもち。。。色々と比較する項目はありそう。すべての条件が揃えば、どれかが失われる。ミニノートではなくなってしまう。用途によってトレードオフしなければならない感じ。

シンクライアント用途に100ドルPCは、最適と思っていた。しかし、価格とそこまでのスペックは合わなかった。そもそもの用途が違ったので、それは仕方ないかもしれない。

ノートPCの価格が安くなり、ユビキタスな環境はより身近になってきた。

あくまでも、入れものとしてミニノートは便利。シンクライアント用途になっても、入れものとして充分。シンクライアントであれば中身のデータは、”そこにない”はず。ミニノートのデータは”そこにある”。ココが大きな違いです。

モバイルPCは加速度的に普及している。普及すると、情報セキュリティ的言えば、漏洩の対策を考えなければ。。。

入れものは、安く小さくなっているが、”その中身”は、それと逆の方向である”大容量で重要なもの”に向かっている。

より、そのような脅威は増えてくるが。。。うーん、どれが良いかなぁ?各社早く出そろって欲しい。

The following two tabs change content below.

新倉茂彦

TCNIC Co., Ltd. 代表取締役 / セキュリティプロデューサー / M.B.A. 経営情報学修士 / 密教学修士ブログ
日々,目の前で起きる「セキュリティ」なことだけを考えています。表があれば裏があるように、様々な視点から見て考えるように意識しています。 人の「こころ」に興味を持ち、仏教的アプローチからセキュリティを探求中。

45の事例から知る【情報セキュリティ標語】実践研修・ケーススタディ

実際の事例を元に作成した、五十音「情報セキュリティ標語」を教材として使用します。

■ 座学の場合:1事例2分程度、45事例すべて実施(90分の研修)
様々な事例を知る ⇒ 基礎知識が身につく
⇒ 身近な事例を自身に置き換えることで、応用できる対応能力スキル向上を目指します。

■ 演習の場合:目安は5分から30分程度、熟考することにより深く身についていきます。
(直近で起きた社内事故や身近な事例等、事例の深掘り次第で時間は変わります)
身近な事故事例をテーマ ⇒ 自ら(グループで)考える
⇒ 他者との討論(発表など)により、多面的なヒントを得ることを目指します。

4 thoughts on “ミニノートは、シンクライアントに最適かも?

  1. 新倉 茂彦 より:

    朝之丞さん。こん**わ。新倉です。
    HPmini良いですよね。デザインが格好いい!です。
    やはりminiノートは、常に持ち歩くので格好いいのにグラグラきますよね。miniノートと一緒にお風呂に入りそうです(笑)
    TB知らなかった1人の新倉でした。

  2. 朝之丞 より:

    新倉さん、こんにちは。
    私はHP miniに、グラグラ キテます。
    それともうご存知かと思いますが、
    CNET JapanブログネットワークからTB ping打てるようになってます。
    知らなかったのは、私だけ?
    先ずは、ご報告申し上げます。

  3. 新倉 茂彦 より:

    ikeda.minoruさん、コメントありがとうございます。
    高速なモバイル回線も増えてきたので、外でも内でもデータは
    「あちら側」に置いておける時代になりました。
    ・・・となると、モバイルは「バッテリー」の持ちだけですね。

  4. ikeda.minoru より:

    今日は。ソフトベンダーです。ミニノート向きのシンクライアント化ソフトもあります。これですと$GB位にOSやアプリを入れて、データはセンターあるいはリモートデスクで画面転送ができます。UMPCの新しい活用方法と思っています。資料は以下です。http://www.eugrid.co.jp/download/2008.08.ESC.WP.pdf
    名もないベンチャーですが頑張ってます。

この投稿はコメントできません。